行きなさい、行って水を汲みなさい 藤原菜穂子詩集

f:id:bookface:20180321121855j:plain

 2014年9月、思潮社から刊行された藤原菜穂子(1933~)の詩集。藤原は斎藤庸一夫人。

 本詩集はここ十年余(二〇〇二~二〇一四)の間に発表したものから選びました。二つの章から成っています。3・11以後の作品九篇をI、それ以前のもの十四篇をⅡに。Ⅱの十四篇は詩誌「アンブロシア」に拙著『永瀬清子とともに』(二〇一一年、思潮社)の連載をはじめたとき、その傍らに書きつけてきたものから選り出しました。この十年ほどの作品をまとめたいと思い、それにはあと少し書き加えねばと考えていた矢先、突然の大震災に襲われました。足もとが崩れ仄かな糸がぷつんと切れてしまいました。
 さまざまな事が重なり、心身共にバランスを崩してあきらめていたのですが、3・11から三年、ここに来て詩集をまとめたいという気持ちが呼び覚まされました。IとⅡの間にひびが入っています、それを塞ぐことも取りのぞくこともできないのですが、その儘に随いました。前詩集『森のなかの食卓』(一九八九年、地球社)以来二十五年経っています。前方には深い霧が渦巻いています。
(「あとがき」より)


目次

  • 白鳥
  • ヒヤシンス
  • 一本の藁
  • 二〇一二年二月
  • 少年野いちご 老婆
  • 山鳩
  • 竜胆
  • ここからフクシマです
  • 夏井川に沿って

  • 渚で――ミコノス島にて
  • 幻の子供
  • 金雀児(エニシダ)を手折る女
  • ボスポラス海峡
  • 銀杏が散っていた
  • ぷれぜんと
  • 雀と姫りんご
  • 冬の朝
  • 午後の会話
  • 運河のほとりで
  • 山の上の病院は
  • 水瓶の水
  • 野の花
  • 一日、南の風が

あとがき


書評等
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

NDLで検索
Amazonで検索