まぼろし戸 黒部節子詩集

f:id:bookface:20180406223633j:plainf:id:bookface:20180407071335j:plain

 1986年12月、花神社から刊行された黒部節子(1932~2004)の第5詩集。編集は黒部晃一と小柳玲子、装幀は黒部晃一。日本詩人クラブ賞受賞作品。第5回現代詩花椿賞候補作品。

 

目次

  • 空には
  • 電車で走っていると
  • 夢のエスキス
  • おとといもきのうも
  • 心臓のように
  • 夢の家
  • 部屋
  • まぼろし戸
  • 甲荘附近
  • 箱柳附近
  • ピーマンを三つ
  • 暗い駅
  • 柊の額
  • 青空
  • 秋・童話風に
  • 空中で
  • 土間から
  • 階段
  • 眩しい闇
  • 抽斗のこと
  • 部屋
  • 赤い電車
  • その箱
  • 本星崎
  • 本星崎
  • 本星崎
  • 本星崎
  • 本星崎
  • 姉妹写真

 

関連リンク

日本詩人クラブ広報 第20号」(1987年)より『まぼろし戸』評

daily-sumus

 
NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索