犬は詩人を裏切らない 清水正一

f:id:bookface:20180409204527j:plain

 1982年9月、手鞠文庫から刊行された清水正一の随筆集。装幀は池田隆夫、扉カットは著者。

 

詩人清水正一を知って40年近くになる。その間、彼は“左岸”と愛称する大阪北部の市井に腰を据え、劇忙の生業のなかで真摯な詩作を持続し、詩書を耽読してきた。彼に触れていつも驚嘆するのはその博識であり、何よりも世俗によごれない純一な詩人の魂であり、さらにはいささかも老いることのない精神である。世評の高かった『清水正一詩集』と表裏をなすこのエッセイ集においても、その詩精神が流露している。(「帯文/足立巻一」より)

 

目次

  • 忘れものの多い床屋――父のいる風景
  • 清水りんさま
  • チャンバラ・バアさん
  • 左岸への手紙――わが新淀川と右岸の町
  • オーサカ群島――わが青春残酷物語
  • 途上

  • ル・マルセー湯
  • 犬は詩人を裏切らない――しぬるときひとこえチャンとないて…
  • 黄色い区外で

  • オーサカ――詩人ふぜいノート
  • 遠い断片――Y左岸で
  • わがオーサカ――杉山平一「大阪通信」から
  • 雨ノフル日曜日ノ今橋2丁目ハサビシイモノデアル――小野十三郎陶板詩展を逸す
  • 橋の上の少女――冬衛文学から忘れがたき一つ
  • 信濃

  • オーサカ詩人伝
  •  雨キライ・竹中郁
  •  わが町JUSOEAST
  •  日本の一ぜんめし屋で
  •  一九四七年『詩人』のなかの杉山平一
  •  伊東静雄遠景
  •  伊東静雄近景
  •  安西・小野――私的アルバム

  • 幻想の詩碑――天き日の憂愁詩人・伊東静雄
  • 小島正・その死と詩をめぐって
  • 三好達治うた『日まはり』の現地で
  • 詩人のわかれ――オーサカ・雪月花
  • 戦後最もはやく出会った女流詩人・港野喜代子
  • 坂本遼 追悼

  • 詩人の職業――ある日の、安東次男氏の一文から
  • 伊良子清白・その詩と職業――島本久恵著『明治詩人伝』にふれて
  • 短詩について
  • 詩ハ他人ノハジマリ

     

  • 幻想の対話・詩の夜

あとがき

 

書評等
発掘本・再会本100選★犬は詩人を裏切らない |清水正一…………☆オーサカ淀川左岸の町や右岸JUSOの暮らしをうたった。(気になるフレーズ――この本、この1行)


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索