街路樹の街 大西美千代詩集

f:id:bookface:20180806221801j:plain

 1984年8月、詩学社から刊行された大西三千代(1952~)の第2詩集。装幀は伊藤花。

 ワイルドの「幸福な王子」をはじめて読んだ時、体がすっかり溶かされて心だけが残ったらたまらないと思った。悲しいものを見てしまった心なら、まっ先に溶かされるべきであると今でも思う。
今、生きている私の中に、ひとつふたつ溶かされない固まりのあることを自覚する。
詩を書くことで、心の中に意識しないで存在しているものが、疑って固まっていく。たかが<わたくし>と思う。その<わたくし>の中で固まり固まり、ついにひとつの鉛のようになったものを、私は仮に詩集と名づけようと思う。
二つめの鉛である。
そしてこの鉛はすでにわたくしではない。
(「あとがき」より)


目次

  • 羊齒
  • 自足
  • 肩ほどの位置から
  • 私の空腹
  • 増殖
  • 骨の解読
  • 鏡に会いに
  • 猫の死体ほどの
  • 海へ
  • 街路樹の街
  • 地下鉄
  • 魔物考
  • 一枚の和紙のように

  • さくらの森
  • 春浅く
  • 路地のある風景1
  • 路地のある風景2
  • 雨おんな
  • 衣更え
  • たまごをゆでる
  • 萩の誤算
  • 無花果
  • 螺子
  • この町から

あとがき


NDLで検索
アマゾンで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索