木島始詩集

f:id:bookface:20181205195452j:plainf:id:bookface:20181205195455j:plain



 1953年5月、未来社から刊行された木島始(1928~2004)の第2詩集。デッサンは柳澤昌義。画像は裸本。

 

目次

詩・わが年代記

  • 起點
  • 戰後
  • 師よ
  • 大學
  • 徴候
  • 嘔吐
  • 虐殺

動物・鑛物・植物

  • 電氣機關車
  • 通勤人群
  • 向日葵
  • 主婦たち
  • 穗高嶽

  • 位置について
  • 風とともに徒渉する
  • 霧明け
  • 五月の香り
  • 戀よぼくらふたりの
  • せいめいの
  • 夜の推移をみはりつゝ
  • とおくのひとに
  • 初春に
  • きみの眼よやさしく燃えよ
  • ぼくたち地下水の
  • 映す
  • 遠望
  • 友の死は
  • 嚴寒の河岸を追うて

星芒よ 瞬け(長詩)
直射

  • 日比谷
  • ポプラそびえたつ斗いの土地に
  • 五・三〇の免彈にたおれた小學校教員の妹よ
  • 豫兆
  • 病果
  • 悼む
  • ポール・エリュアール
  • 誕生
  • 序曲
  • 部署
  • 獄中におくるハガキ

斷章

  • 螢の跳梁(長野)

跋(凝血にふるえる葉先) 野間宏


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索