百眼巨人 入江元彦詩集

f:id:bookface:20181025171746j:plainf:id:bookface:20181025171749j:plain

 1980年1月、海風舎から刊行された入江元彦(1923~1993)の詩集。装幀はベイ・Argus。入江は坂口安吾に師事。1946年に福田律郎、小野蓮司、秋谷豊らと「純粋詩」を創刊。


目次

  • わが水底から
  • 骨について
  • 舞い
  • わが魔窟から
  •  ペルセウスの血肉
  •  ゴルゴン
  •  角のタワー・残された海
  •  エリート悲歌
  •  春は行き
  • かかれ定年よ便器よ
  • 海と獣

  • 右手のためのエピグラム
  •  序詩
  •  沼地にて
  •  猫眼虫
  •  毒きのこ
  •  極段上
  •  3cmエレジー
  •  失禁
  •  大俎板
  •  聖橋

Ⅲ 1946~

  • 乳癌
  • 太陽ですら黒点があるのに
  • 鳩の眼の物語
  • 明方に酔っぱらい、タルホ氏ホタルを取っている
  • 大きな足
  • プレリュード<近代の灰神楽〉
  • 屏風絵風な即興曲及び一つの讃歌
  •  アルゴス仮面で
  •  何故に
  •  鹹湖
  •  悦楽の空
  •  のみくだす鳩
  •  白いつぶて

  • わが国境から
  •  にがい言葉
  •  さくら湯
  •  屋上の狼
  •  悪魔祓い
  •  彼岸すぎ
  • 青春をクレイのジャブが3分うなった
  • ビニールびきのガリラヤ湖
  • ピカソの指
  • わが魔の山から
  •  浮き名
  •  夢殿へ
  •  核相場
  •  NADJIAの最後

現代のホメロス頌 中島可一郎
あとがき

 

NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索