末裔 坊城俊民

f:id:bookface:20190206161227j:plain

 1949年2月、草美社から刊行された坊城俊民の長編小説。装幀は細木茂子。1994年8月、集英社から復刻された。

 

「末裔」の創作を志したのは、私の少年時代である。その頃知った輝かしい詩魂の持主は三島由紀夫だった。爾来十年間、彼とは詩を語った。さうして、詩以外のことは語らなかった。彼が瑰麗な跋文を寄せてくれたのは、かかる事情による。
 私の作品を世に紹介しようと努力した一人に、大學時代に得た唯一の友人、谷本敏雄がゐる。この本と同時に、河出書房から彼の書き下し長篇三部作「暗峡」が出る筈である。然し彼の書いたものを私は讀んだことがなく、彼が如何なる人間か今もって判然とはしない。けれども「末裔」が出版されたのは、全然この不可思議な友人の力による。
(「あとがき」より)

 
目次

偽序 渡邊一夫

  • 一 遠花火
  • 二 鼻と一族
  • 三 舞
  • 四 落日

跋 三島由紀夫
あとがき


日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索