夜明けの月が 小柳玲子詩集

f:id:bookface:20190709114338j:plain

 2019年7月、空とぶキリン社から刊行された小柳玲子の第14詩集。装幀は倉本修。

 

 私の最後の詩集になります。遺詩集というもの、作ってもらいたくないので、自分の目が確かなうちにこの詩集を纏めることに決心しました。一つの主題を突き詰めて纏めたものではありませんが、いつでも一心になにかを思い詰めているというほど、純粋な人間でもないので、これがありのままの私です。でも詩という世界は幼少の時から長い間、私を慰めてくれました。途中、何度か詩ばなれした時代はありましたが、結局長く住む世界はなく、三十歳を過ぎた、ある日ここへ戻ってきました。
(「あとがき」より)

 

目次

  • 黒い家
  • 夜回り
  • 夢びと
  • あの人
  • シャラト パ
  • 千畳敷の学舎
  • 野仏おはす夏の果
  • 北村太郎さんのこと
  • 方舟
  • 那珂太郎さん来る
  • 沼の家
  • 支路遺耕治の詩集に躓き
  • 最後の『見えない飛行機』
  • 見えない飛行機
  • 二〇一四年秋 心中
  • 『どんぐり』転々
  • ロンゴ坂下駅

あとがき

 

書評等
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

空とぶキリン社