大海邊 小野十三郎詩集

f:id:bookface:20190903113834j:plain

 1947年1月、弘文社から刊行された小野十三郎の詩集。装幀は池田克巳。画像は裸本。

 

目次

  • 雀の宿
  • 大海邊
  • 日本冬物語
  • 街を歩く妖精
  • 夕暮の水の中で
  • 遠望
  • あの頃に讀んだ本のこと
  • 成瀬政男
  • 昔の塲所
  • 砲塔旋盤について
  • 針葉樹帶へ
  • パイプの話
  • 河川生産物No,1
  • 航空機用アルコールについて
  • 自轉車について
  • 諸機械たち
  • 鳥影
  • 海岸の女竹
  • 惜別
  • 深夜の出迎へ
  • 空赤し
  • 車内で
  • 脱走者
  • 吹雪の中ノ
  • 紙鳶
  • 慶州
  • 井邑の人
  • 或る日
  • 惜別
  • 足音
  • 小旅行より
  • 雀の宿
  • 精神と物質
  • 葦の中の小さな水たまり
  • 地平を見てゐると
  • ある荒漠
  • 倒さまにうつつてゐる影
  • 枯葦の葉末に
  • 未發逹的段階
  • 海の方へ
  • 河口に
  • 痕跡
  • 子供に
  • 夢幻集
  • 紫の花
  • 廢墟
  • 物質の原にて
  • 不當に「物」が否定されたとき
  • 農十二篇
  • 放棄の歌
  • 小鳥たちの風景の記憶について
  • 夜の葦
  • 精神と物質
  • 新椿海
  • 窓から
  • 世界の第四百六十五位の工場地帶で
  • 志留利亞
  • 夜の雲
  • ぼうせきの煙突
  • 石炭搬ぶ海のほとりで
  • 海中の櫓
  • 天平
  • 夜の雲三篇
  • 植木棚
  • 金山
  • 四國のボーキサイト
  • 土用波來
  • 浪曲
  • 夜食
  • 波荒き日に
  • 鑛石標本
  • 兇器携帶者
  • 途上
  • 近づく
  • 十一月の或る日の空
  • 詩篇
  • 曇り日
  • 曇り日
  • 熊虻
  • 暗い櫻
  • 夕暮の水の中に
  • 野茨
  • 般若
  • 吉野の羊齒
  • 六甲閑居
  • 東奔西走
  • 鳥に寄せて
  • 農村のことども
  • 壞滅
  • 日本海

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索