野生馬 榎並潤子詩集

f:id:bookface:20191107141434j:plain

 1980年4月、版木舎から刊行された榎並潤子の第1詩集。

 

 ここに初めて、詩集のできたことを、嬉しく思います。協力してくれた菅原克己さん、林信弘氏に熱く感謝します。
 わたしの子供たちをつめこむ列車に、いつまでも乗るのをためらっていた最後の三篇は、「おかしな」二人の乗客(小説)の代わりです。
 しかし又きっとお会いしましょう。
「日没」の裏に含まれているアレン・ギンズバーグの詩は次のようなものです。

日没 (諏訪優訳)

刑務所行きの囚人列車の中
僕の頭をとりまく世界
すべてが 煙と奇妙な鉄色にかすんだ世界
そして僕の心は
過去をさまよい 未来へと錆びついてゆき
太陽が
現世的な そして 原始的な
世界に沈むのを僕は見た
残された闇で僕の囚人列車を包み
反対側の世界で
一日の出を待っている者のために 太陽が沈むのを僕は見た

(「あとがき」より)

 

目次

  • 梅雨の男
  • 白い鳥
  • みみず
  • なつ
  • こんな石のような秋
  • わたしのめるへん
  • 野生馬
  • 酔いどれこじき
  • 何で火のように狂って走るのがわるい
  • 野生馬
  • 日没
  • 今日
  • ながれる
  • 赤い詩
  • 北阿佐谷
  • 子供の傷口
  • 崖っぷち

あとがき


日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索