f:id:bookface:20200518134025j:plain

 1995年1月、摩耶出版社から刊行された永井ますみの第5詩集。

 

 長いみちのりだった。一九八六年「現代詩神戸」に第一作を寄せてから八年をひたすら連作してきた、但し毎号といかないのだが。ゆきずまって書けない時、仲間から催促のことばを聞くのは喜びだった。一作にその当時読んだひとつの本の題名を借りて、共感も反感も込めて。その時々のこだわりを載せてきたつもりだ。このようにひとつのかたちを与えることで、こだわりは私から離れるだろうか。
 書き進める途中、昔の仲間に素顔で出会う事が出来た。これも小さな成果かもしれない。ちいさな私の生の循環、詩集として纏められた地点まで、これでたどり着けただろうか。
 二部に収めたのは詩の師ともいうべき伴勇氏、夫の母、夫と私を引き合わせ今日の私をあらしめた人、そして私は父をこの春うしなった。生あるものは必ず滅びるというけれど、地球のこの自然も又挽歌の対象だろう。 虫けらと一緒にしやがってと、伴氏はいうかもしれないけれど、その魂は他の生き物だった魂と混沌として凛い、時折、私の胸のなかに落ちる
(「あとがき」より) 

 
目次

Ⅰ 時の本棚

Ⅱ 挽歌

  • そらの なぎさを
  • 破壊
  • あいさつ
  • たきび
  • 鮒達の
  • 与える
  • かたち
  • はなあかり
  • 居なくなったお義母さんへの詩
  • 納骨
  • ホタルになって
  • スケッチ
  • 満月
  • 初盆
  • 草の村異聞

あとがき


関連リンク
山の街から(永井ますみホームページ)

 

日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索