夕区 斎藤恵子詩集

f:id:bookface:20180321132421j:plain

 2006年7月、思潮社から刊行された斎藤恵子の第2詩集。第57回H氏賞候補作品。

 

この人の作品はどれも主張しない。しないのに、いや、しないからこそ、詩(ポエジー)が確かにそこにある。さまざまな顔で、抑えがたく叫んでいる。叫びながら結晶している。驚嘆して、息を呑んで、見つめるほかない。(高橋睦郎

 

 海辺に立つと、ふるえるほどなつかしい思いにかられる。何がなつかしいのか思い出せない。何もかも取り払われた空っぽの感じになって、よせる波に満たされていくような気がする。目を閉じれば、波のうねりが見え、やがてひとや樹木が動き出す。
 忘れてしまっていても、そこに在ったということは深いところで憶えていて、ひとを変えていくものかもしれない。抑えきれないものがあるのではないかと、急に怖くなってしまうこともある。在ったような、なかったような場面が浮かび消え、引きこまれそうになりながら書いた。
 初出は「文學界」「朝日新聞」「現代詩手帖」「詩と思想」「イリプス」などですが、多くは書き下ろしです。
(「あとがき」より)

 

目次

  • 海響
  • 海鳴りの町
  • 警報器
  • 明るい家
  • さ緑
  • 春の岬
  • 麦秋
  • さくらの花の下で
  • 春の夜
  • 西日
  • 薄暑
  • おろかな日日
  • 夕区
  • 夏至
  • 薔薇
  • 春分の日には
  • 富士
  • 六月の不安
  • 予祝
  • 立冬
  • 弔いの家
  • 牛は
  • 光る木
  • 淵より

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索