のぶこ 坂井のぶこ詩集

f:id:bookface:20180411194436j:plain

 1984年10月、一風堂から刊行された坂井のぶこの第1詩集。装幀は神保力+小川真理。

 始めての詩集に自分の名前をつけました。どの詩の中にも「のぶこ」という女がいて、それが背のびをしながら「わたしをみて」といっていたからです。(「あとがき」より)


目次

  • 火街図
  • 誰かの悪い夢
  • 観音崎海洋博物館
  • したたる木
  • 光る桜
  • 空地
  • 迎え火をたく日
  • 赤い空
  • 異臭
  • もう一度疾走を
  • 同化について
  • 鳥の足につれていかれそうになった夜
  • 夜明に
  • 六月の朝
  • むくげ
  • 耳鳴
  • 人形
  • 点滅
  • つる草がひげをのばすように
  • 女の子をだきたい
  • 夜の公園で

あとがき


日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索