火の國 西村皎三詩集

f:id:bookface:20190109122702j:plain

 1942年11月、興亞日本社から刊行された西村皎三の詩集。

 

目次

序詞 神鄕高千穗に詣でゝ

  • 皇紀二千六百一年十二月八日
  •  詔書遂に下る
  •  捕虜、たそがれの丘を降る
  •  十二月八日、夕暮の歌
  • 青竹蛇
  •  空戰終る
  •  あるパイロットの風景
  •  青竹蛇
  •  若き飛行隊長
  •  戰暇
  •  無電來る
  •  一杯のビール
  •  家信について
  •  椎の古木
  •  朝
  •  家鴨
  •  前線にも夕映がある
  •  魚族
  •  日章旗
  •  荒鷲 小谷雄二中佐に捧ぐるの詩
  •  たんぽぽの花
  • 富士は冴えたり
  •  農民歸村
  •  蟋蟀
  •  湯村長の歌
  •  少年蔡の歌
  •  日語學校にて
  •  橋
  •  初めて廢墟に立ちて
  •  富士は冴えたり
  • 靜かなる噴煙
  •  屍
  •  巴里は陷落したぢやないか
  •  野村中米大使歡送會
  •  しづかなる噴煙
  •  少女工の歌
  •  牛洗ふ男
  •  表札
  •  籠を腕にあなたは
  •  南支那
  •  洋上會談の圖
  •  朝のコーヒー
  •  聯合艦隊は基地に集結してゐる

後記


NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索