黄燐と投げ縄 清水哲男詩集

f:id:bookface:20190609003818j:plain

 2005年11月、書肆山田から刊行された清水哲男の詩集。装幀は小松桂士朗。

 

『夕陽に赤い帆』『緑の小函』につづいての本書は『黄燐と投げ縄』。すなわち「赤」と「緑」と「黄」。ひそかに交通信号三部作と呼んできたシリーズの完結です。
 この間に、およそ四千の日と夜とが流れてゆきました。もはや、老いを自覚しない日はありません。
 そうした時間のなかで、情を抒べることなど、若き日には想像もつかないことでした。その意味で、本書は私にとっても、何か珍しい生きものでも見るような、そんな存在のように思われます。
(「あとがき」より)


目次

  • 小さな舟の歌
  • しんぶんがみ
  • 壁と翳
  • 落日
  • ひとりぐらし
  • 街頭小景
  • 人間の仕事
  • てのひらほどのうた
  • 花咲き花散る唄
  • 二〇〇四年五月六日未明
  • 報告
  • べらまっちゃ
  • 携帯
  • ウィンドウズ
  • さよなら
  • 戦後抒情

あとがき

 

NDLで検索
Amazonで検索