草の粥 菊池敏子詩集

f:id:bookface:20200715095631j:plain

 1991年12月、思潮社から刊行された菊池敏子(1936~)の第4詩集。カバー絵は酒井抱一「夏秋草図」より。


目次

Ⅰ 人に

  • 名前
  • 還るさくら
  • 匂い
  • 芳名帖
  • 若夏の魚
  • 還る湖
  • 蜜月サラダ
  • かぜ

Ⅱ 母に

  • 初もの
  • 母の秋
  • 草の粥
  • 漬け塩
  • 医師の修辞
  • あさってのメロン

Ⅲ 花に

  • 雪は
  • 先ず咲く花
  • 雪の庭
  • 種袋
  • 雛の笛
  • ももいろの……
  • 水のうろこ
  • 逝く秋に

Ⅳ 海に

  • いちまいの鯵
  • 名残の美味
  • 春寒の美味
  • 磯の盃
  • 夏の日のエイハブ
  • 菱形の栞
  • 乾物のうた
  • 身も蓋も
  • ここに佇つ

Ⅴ 地に

  • 秋の分銅
  • 竹の子
  • お墓のなかで
  • 郭公
  • 汲む
  • 銘銘皿
  • お針箱
  • マ行
  • でじたる嫌い
  • けものの苗
  • カレンダー

あとがき


Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索