ゑいもせず 真下章詩集

f:id:bookface:20201224174542j:plain

 2020年2月、榛名まほろば出版から刊行された真下章の遺稿詩集。装幀は浅見恵子。

 

 真下章氏の最後の詩集「るひもせす」は、清書したA4原稿用紙をコンビニでコピーし、市販の台紙に黒い綴じ紐で綴じたものだ。とてもとても、H氏賞受賞詩人の詩集として、ふさわしい造りではないと思ったのは私だけではあるまい。その真意がどうであったかは、故人となった今では確かめようがない。
 しかし、私にはある苦い思いがあった。このコピー詩集発行から一年ほど遡るある日、真下氏本人から詩集刊行の相談を受けたのだった。一も二もなく承諾して、さて、どのように進めようと原稿の入った封筒を押し戴いたのだった。ところが、あれこれ考える愉しい時間はあまりに短かった。片道10分という距離は車でも決意を要する距離だ。まだ、原稿の中身も分量も吟味する間もない一週間も経たない頃、真下氏は再び車を運転してやってきた。事情が変わって仕切り直しだ、という風に言ったと思う。とにかく、原稿を返して欲しい、ということだった。別段、険悪な雰囲気ではなく、いつになく、養豚を始めた頃のこと、家庭の事情も顧みずアメリカに研修旅行に出かけたことなど、珍しく自慢げにお喋りしていったものだ。しかし、真下章詩集が榛名まほろば出版から出ることはなくなったのだ。それだけが、釈然としない事実として残った。
 いきさつは、以上で十分ではないか。澎湃として詩集刊行の声が起こる中、私は手を挙げねばと思った。ご遺族、真下匠氏の同意を得て勇躍、出版の運びとなった。もちろん、企画出版である。藤井浩氏の詳細な年譜を付け、浅見忠子さんの斬新なブックデザインを施した。最後に蛇足ながらの一文を差し込ませていただき、墓前に供したい。合掌。
(「この詩集のこと/富沢智」より)

 
目次

  • ある料理
  • 生誕
  • 風景
  • 新たに
  • そうだよな
  • ゑひもせす
  • 睾丸炎
  • 改良品種について
  • 模擬大会
  • 朝から雪
  • 改築
  • 冬の夢
  • 赤い川のこと
  • 密殺のこと
  • 酒・あるいは焼酎
  • 猫の場合
  • 出荷について
  • 声について
  • 殺し屋の訳
  • クロップスパテーよ
  • 現場について
  • でなければ
  • 泥の舟
  • 炎天
  • 富士
  • タラッペのこと
  • 青い鳥について
  • 風に
  • 月夜野
  • 案山子のこと
  • 土地改良のこと
  • 子持山
  • 羅漢
  • 冷夏
  • 羽の花びら
  • お袋のこと
  • ヒナ菊のこと
  • 藁もちのこと
  • 神さまのこと
  • 秋海棠
  • 泥棒について
  • 景語拾摭
  • 稲の花
  • 夕闇
  • バイパス
  • 紙の花吹雪
  • たらちねの
  • 吊り橋
  • 人間さまのこと」

真下章年譜 藤井浩


関連リンク
真下章さんに (浅見恵子)
真下章詩集「ゑひもせす」ができました(浅見恵子)


NDLで検索
Rakutenブックスで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索