円周率が駆けてくる 奥津さちよ詩集

f:id:bookface:20220310093301j:plain

 1988年3月、レアリテの会から刊行された奥津さちよ(1947~)の第2詩集。装画は針生夏樹。レアリテ叢書23。著者は横浜市生れ、刊行時の住所は横浜市泉区

 

目次

  • ふき 
  • 時間的でない視覚的な三つの空間
  • うすい秋
  • 石鹼
  • シーソー
  • 円周率が駆けてくる 
  • 通りゆくもの
  • いのるひと 
  • ひかり夜 
  • おーい、空
  • やまびこ 
  • ブランコをこぐ日
  • 星へ
  • 井戸
  • 溶解
  • オッパイを忘れないでね
  • ネギの館 
  • 十月 
  • 八月三十一日
  • しっぽ断想
  • 橋の下 
  • 走る夜 
  • 飛ぶ五月 
  • つらら

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索