見えるものと見えないもの 宮本礼子詩集

 1980年12月、原詩人社から刊行された宮本礼子(1949~)の詩集。装幀は山崎晨、イラストは著者。原詩人叢書7。著者は敦賀市生まれ、刊行時の住所は大阪市都島区


目次

  • 同志森恒夫よ!
  • 激流
  • 大空へ
  • 死んだ子供は何を残したか
  • 私は回転木馬
  • 焦げてしまったこの胸は
  • ふりかえるということは
  • 自信がない
  • 唯物論
  • 御用鑑定と叛鑑定
  • 冬のはじめに
  • 好きだった君に 
  • 春が来たって?
  • 異次元
  • 夏の夜の回想
  • 私の子宮はひからびた
  • 動と静
  • 銀柱
  • 遠い遠い
  • 見えるものと見えないもの
  • それでも雨は
  • 光る風
  • もうどこへも
  • 少女の頃を過ぎて
  • みえっぱり
  • 回転扉
  • 罪人意識
  • 地球 (あるいは憧憬)
  • 善男善女
  • 人間関係は利害関係

透視力をもった詩集 井之川巨
問い続ける戦士、勇者の詩 長島光三郎
あとがき 宮本礼子

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索