このブログについて

f:id:bookface:20201231184511j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも墓石化している古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

本家ブログ「(いそがい・はじめの)杉並ファクトチェック」もよろしく。(2019.2.26)

杉並区に古本屋さんは何軒あるの?
杉並区に詩人は何人いるのか調べてみました
 

ヤフオクで全額募金のチャリティ・オークションを始めました。昨年、郵送料が変わったので試行錯誤すると思いますが、ご登録のほど、よろしくお願いします。お宝があるかもしれませんよ! 出品リスト→ https://auctions.yahoo.co.jp/seller/hisogai (2019.4.2)

 衣更着信詩集『孤独な泳ぎ手』と衣更着信訳『人生摘要 英米現代詩集』を国会図書館に寄贈しました。(2019.6.11)

南陀楼綾繁さんの取材を受けました!
→ シリーズ古本マニア採集帖 第11回 磯貝一さん 「ことば」のルーツを探るひと

ヤフオクのチャリティオプションが無くなりましたが新型コロナ禍の中でどうしたらよいものか。寄付先を含め再開検討中です。(2020.12.31)

 

南陀楼綾繁さんのインタビュー集が本になりました。

古本マニア採集帖 「古本のある生活」をおくる、36人へのインタビュー集。

本を集め、本と遊び、本で調べ、本から本を作る……。その情熱と執着は、どこから生まれてどこへ行くのか?読者の記録を追いかけてきた著者による、古本マニアたちの標本箱。「日本の古本屋メールマガジン」人気連載に、新たに書き下ろし原稿を収録。

f:id:bookface:20211231232311j:plain

古本マニア36人衆の1人として採集されておりますので、よろしくお願いします。(2021.12.31)

青のうらみ 大掛史子詩集

 1982年4月、幻視者社から刊行された大掛史子(1940~)の第2詩集。著者は渋谷区生まれ、刊行時の著者の住所は静岡市大岩。

 

目次

  • 胎動 
  • 青のうらみ 
  • 仮泊 
  • 富岳黎明
  • 青春は
  • 腐葉土 
  • 躑躅畑で
  • 花折峠考 
  • 夜のかたち 
  • 黒塚
  • 道成寺
  • 唐三彩と志野 
  • 狂王の季節 
  • 枯野 
  • 臨済寺 

跋 新川和江

 


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

二行詩集 季節 圓子哲雄詩集

 2006年11月、朔社から刊行された圓子哲雄(1930~2021)の第10詩集。装画は山田悟郎。朔叢書第16集。


目次

・春

  • 春 
  • 三月
  • 開拓地

・夏

  • かなかな蝉
  • 横浜埠頭

・秋

  • 晩照 
  • 生活(くらし)
  • 晩秋

・冬

  • 晦日 
  • 除夜の鐘
  • 垂柱(つらら)
  • 水柱(つらら)

・故里

  • 故園
  • 鄉愁
  • 故里
  • 望鄉

・家族

  • 家族
  • 生誕 
  • 子守歌
  • 暮秋
  • 夜の雨
  • 時間
  • 父子
  • 家系

・古都

  • 旅愁
  • 山寺
  • 山鐘
  • 古都

・落日

  • 夕焼け
  • 墜ち陽
  • 落日
  • 太陽

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

伊波南哲詩集

 1960年11月、未来社から刊行された伊波南哲(1902~1976)の詩集。

 

 最近、どういう風の吹き廻しか、私の郷里の恩師や先輩知友から、今年は何をおいても、詩集を出版して欲しい、という矢の催促があった。
 私にしてみれば、強いて詩集を出版しなくとも、私の著書やその他の作品が、詩的エスプリに貫かれているので、それでよいのではないかと自己満足していた。しかし、故郷の人々にいわせると、一昔前に詩集を出版したきりで、沈黙しているのはけしからんとの厳しい鞭撻であった。私はこれらの愛の鞭に、嬉しい悲鳴をあげながら、詩稿を整理して、出版に乗り出したというのが本音である。
 私の詩暦は、昭和五年「詩之家」出版の"銅鑼の憂欝"、昭和十一年「東京図書株式会社」出版の"長篇叙事詩オヤケ・アカハチ"(映画化)、昭和十七年「ぐろりあ・そさえて社」出版の"麗しき国土"で終っている。
 そうしてみると、今度の詩集は、足掛け十九年ぶりの出版である。なるほど、十九年も詩集を出版しないでいると、それでおまえは、詩人かといいたくもなるであろうし、また若い人々は、私を詩人として認めがたいであろう。
 以上の批判や観点とは別に、私は発表こそしないが、多くの著述やその他の原稿執筆の合間に、時に触れ、折に触れて、こつこつと詩を書き続けてきたので、急に詩集を出版するようになっても少しも困らなかった。
 戦前、戦時中、戦後の詩篇をまとめてみると三百篇を越していたのであるが、厳選して百二十篇を編むことにした。
 その中には、既刊詩集からも好きな詩を抜いて加え、戦時中の詩は割愛して、戦前戦後だけにし、都会篇と郷土を各々六十篇にした。
 都会篇、郷土篇とも、戦前の詩は夢見がちな、ロマンチシズムが主体をなしているが、終戦直後、故郷沖縄に引きあげてみると、戦い敗れて痛土の丘と化した悲惨な変貌はまだしも、アメリカの軍事基地化した沖縄しかも、祖国日本から切り離されて、異民族の施政権下におかれた郷土を見て、悲憤やるかたなく、息詰るような思いがした。
 やりきれないので、五、六年後、東京にカムバックしてみると、戦後の東京は私にとってあまりにも冷めたく、貧困のどん底に喘ぐ日が続いた。
 それでも、かぼそい詩の灯心をかきたてながら、辛うじて生きてきた。そこで戦後の都会篇に、それらの苦しい生活感情の真実が歌われているのは当然であろう。
 生活がようやく軌道に乗ってからは、貧乏の詩から足を洗って、風物や人情を歌うようになったのであるが、それらの心境のプロセスを、順を追うて編むことにした。それは、郷土篇における戦後の詩の場合も同様である。
 私は、どちらかといえば郷土詩人であって、故郷沖縄の神話、伝説、風物、人情、芸能の郷土文化を、甲羅のごとく背負って、都会の街を歩いているので、都会を歌うときと、郷土を歌うときとでは、詩の発想と情熱に相違がある。つまり、私は郷土を歌うときにのみ、感覚がさえ、民族的な血がわきたって、詩情に油を注がれ、点火されるような気がする。
 「この詩集で、私が最も心惹かれるのは『郷土詩篇』であった。此処では言葉に乗りうつった詩の本質が、脈々と生きて露のようなものに濡れている。恩納ナビとかいう往古の国民詩人の詩を感じる。
 かかる詩の国に生れた伊波南哲君の詩が、今後さらに大きく、億兆の声となる日の来るよう念じてやまない。」
 これは、私の第三詩集「麗しき国土」に寄せられた、今は亡き高村光太郎氏の序文の一節である。詩は、高らかに歌うべきものであると思う。詩は、おのれの心の命ずるままに、そのときどきによって、自由な表現形式の衣裳を着るべきであって、流派を固守し、一定の形式やカテゴリーの殻にとじこもって、韻律を硬化せしめてはならないと思う。
 詩を公表し、詩集を出版するからには、一般読者に理解され、愛読されるようなポピュラーなものとし、それがやがて億兆の声となるように、心がけたいものである。
 私は野人であり、常に原始の、そして百姓の魂をぶらさげて歩いているので、泥くさい詩集であるかも知れない。それでよいと思う。
 私は借りものの、よそ行きの衣裳では出歩かない。だねから私は私のアクセントや、セリフで高らかに歌い続ける。
 さらに私は、生来、楽天的な性格を持っているので、如何なる人生の苦悩にぶつかっても、それが私の魂をついばまないうちに、肩から滑りおちてしまうのである。そんなわけで死に直面する、ぎりぎりの深刻さを歌っていても暗さがない。南国人特有のものであろうか。
 今度の詩集の題名を「伊波南哲詩集」としたのは、私が過去三十有余年、貧しいながらも歩んできた詩の茨の道の足跡であり、全貌でもあるので、決定版にしたかったからである。
 私の眠れる詩心を呼びさまし、詩集出版を勧めて、予約申込みをして頂いた郷土の人々、在京の郷友や友人に、ここで衷心より感謝する。
 特に八重山毎日新聞社の物心両面の後援を肝に銘じておく。
 さらに、詩集出版を心よく引き受けてくださった馴染深い、未来社の社長西谷能雄氏にも、併せて感謝する。
(「後記」より)

 


目次

・都会篇

(戦前)

(戦後)

  • 花曇り
  • 貧乏
  • 苦悩
  • 古靴
  • どん底
  • 師走
  • 木枯し
  • 火吹竹
  • プラカード
  • 祈り
  • 家なき人の子
  • 悪魔
  • 無一物但し無尽蔵
  • みのりの秋
  • 不思議な恋人
  • 青い思想
  • ヨット
  • 森の細径
  • 私の住い
  • 朝顔
  • 夏よ、さようなら 
  • 秋(一)
  • 秋(二)
  • 秋(三)
  • 秋の顔
  • 秋の音楽家
  • 彼岸
  • 晩秋
  • 初冬
  • 郵便
  • 大雪原風景
  • 白髪
  • 燃ゆる大地
  • 孤独
  • 恋愛
  • 危険な猟人
  • 緑の騎士
  • 郷愁
  • 縁起
  • 人間

・郷土篇 

(戦前) 

  • ふるさと
  • 南には何かがある
  • 首里古城
  • 波の上宮
  • 銅鑼の憂欝
  • 銅鑼は鳴る 
  • 裕樹の精 
  • 洞穴井戸詩篇
  • 臼太鼓 
  • 万座毛 
  • 巻踊り
  • 弥勒菩薩
  • 仲筋のヌベマ
  • 彗星
  • 青い乳房 
  • 棕櫚
  • 梯梧の花 
  • 蒲葵
  • 檳榔樹 
  • 母の乳房 
  • 五月の太陽
  • 讃、与那国島
  • 出船の哀歌
  • 横笛
  • 福木
  • 宿借
  • 島の夕焼
  • 鴉の王国 
  • 海の法則 
  • 少年像 (1)
  • 少年像 (2) 
  • 白き貝殼

(戦後)

  • 那霸夜景 
  • 首里の月
  • 辻町慕情 
  • 故郷の人々 
  • 地獄絵図
  • 浮かれ胡弓
  • 君、酔い給え
  • 狂った世界
  • 泡盛
  • 蛇皮線
  • 芋畑にて
  • 日の丸
  • 薄明
  • 芭蕉
  • 九年母
  • 竜舌蘭 
  • 想思樹
  • 人世
  • 大地の愛
  • 讃美歌
  • 歌わざる詩人
  • 仰ぎ見る聖樹
  • 難破船
  • 浜千鳥
  • 雲は天才である
  • 自由の天地へ
  • 大鷲の歌 

後記


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

 

青春紀行 筧槇二詩集

 1965年11月、山脈会から刊行された筧槇二(1930~2008)の第2詩集。装幀は久保田昭三。


目次

1 休日のうた 

  • 雪の日に 
  • 憂欝な夜 
  • 青春紀行 
  • 味噌汁の歌 
  • 犬屋の店先で 
  • 不忍池にて 
  • 酒場にて 
  • メリー・クリスマス 
  • 似た人でなく 
  • 遠い消息 
  • 湖畔にて 
  • 休日に 

2 スキーのうた 

  • マイ・シューズ 
  • 直滑降 
  • 曇つた眼鏡 
  • 滑る 
  • ゲレンデにて 
  • 白い眠り 
  • 肥えた鼠 
  • 北へ帰る 
  • 白根火山 
  • 弓池の春 
  • 乾燥室にて 

3 よこはまのうた 

  • 孤独なプール 
  • 淡彩の雨 
  • よしだばしのうへにて 
  • 恋人たち 
  • 青い電気のつく電車 
  • 豪華な出船 
  • マリン・タワーに灯がはいる 
  • バー・Fにて 
  • すれちがひ 
  • 私の街で 
  • 坂にて 
  • 遠い焚火 


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

芝憲子詩集

 1982年7月、青磁社から刊行された芝憲子(1946~)の詩選集。人間詩集8。著者は東京生まれ、刊行時の住所は沖縄県那覇市

 

目次

  • 発つ
  • 地球と時計
  • わが愛しのダーリン
  • サツマ
  • 桜の木
  • 江戸城―楓の間
  • 沖縄、世界

  • 武者
  • 海岸線
  • おばあさんの声
  • 胃の中
  • 地下からのびる手
  • おかあさん
  • ジャッキーとロバート
  • 約束
  • ロッキード事件―死角
  • ロッキード事件―雪だるま
  • 少しよごれたドア

  • 東京の幽霊 1
  • 東京の幽霊 2
  • 東京の幽霊 3
  • 吉祥天女 
  • 恐怖症

 

芝憲子さんへ 岩田宏 
あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索