このブログについて

f:id:bookface:20201231184511j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも墓石化している古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

本家ブログ「(いそがい・はじめの)杉並ファクトチェック」もよろしく。(2019.2.26)

杉並区に古本屋さんは何軒あるの?
杉並区に詩人は何人いるのか調べてみました
 

ヤフオクで全額募金のチャリティ・オークションを始めました。昨年、郵送料が変わったので試行錯誤すると思いますが、ご登録のほど、よろしくお願いします。お宝があるかもしれませんよ! 出品リスト→ https://auctions.yahoo.co.jp/seller/hisogai (2019.4.2)

 衣更着信詩集『孤独な泳ぎ手』と衣更着信訳『人生摘要 英米現代詩集』を国会図書館に寄贈しました。(2019.6.11)

南陀楼綾繁さんの取材を受けました!
→ シリーズ古本マニア採集帖 第11回 磯貝一さん 「ことば」のルーツを探るひと

ヤフオクのチャリティオプションが無くなりましたが新型コロナ禍の中でどうしたらよいものか。寄付先を含め再開検討中です。(2020.12.31)

ペリカン 弓田弓子詩集

f:id:bookface:20210309111845j:plain

 1979年5月、山脈会から刊行された弓田弓子(1939~)の第3詩集。装画は久保田昭三。山脈叢書13。横浜詩人会会員。刊行時の著者の住所は横浜市磯子区


目次

  • 二匹の犬
  • ペリカン
  • 命名
  • 飼育
  • いちにちじゅう s
  • 鳥たち ;
  • わめく
  • 季節
  • 冬の夜
  • 野原
  • 家庭
  • 犬大国
  • 三角
  • 釣り
  • 魚の産卵
  • 飛行
  • 苦痛
  • はと
  • 名月
  • 夜の犬
  • 手荷物
  • 二人
  • 演技
  • 電車の中のピエロ
  • ぶらんぶらん ぶらん
  • 壁画

弓田弓子詩集『ペリカン』についての随想 飯岡亨

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

 

中村隆全詩集 中村隆文責任編集

f:id:bookface:20210222105109j:plain

 2001年6月、澪標から刊行された中村隆(1927~1989)の詩集。編集は中村隆文。装幀は倉本修。

 

目次

詩集『不在の証』全篇
・不在の証・他3篇

  • 不在の証
  • 告発者
  • 暗い声に
  • われわれはなにを得たか

・砕ける日々・他5篇

  • 砕ける日々
  • 火の眼
  • 渇いた薔薇
  • リラと薔薇
  • 黒い輪
  • 泥沼物語

・裏切った街・他3篇

  • たとえば
  • 微動する秤
  • 言葉の海で
  • 裏切った街

あとがき

 

詩集『金物店にて』全篇
金物屋にて Ⅰ

金物店にて Ⅱ

  • 除夜
  • 一枚の写真に
  • 戦争について
  • つつむ
  • うごく
  • 市場の中で
  • 黒い檻
  • 微小な一点に屹立する 中村隆の人と作品について 伊勢田史郎

あとがき

 

詩集『向日葵』全篇

  • 埋める
  • 選ぶ
  • 向日葵
  • 向日葵
  • 若い茎
  • 嵐の中の向日葵
  • 枯れ花
  • 消えた向日葵
  • 冬の向日葵

詩集『詩人の商売』全篇
詩人の商売 中村隆に 衣更着信
Ⅰ 取引その他の詩

  • 取引
  • かくれんぼ
  • 黒い鉄
  • 篩(ふるい)
  • 石頭(えsっとう)
  • 蝶番
  • 幽霊
  • 職業 衣更着信さんに
  • 復活
  • アルミ・サッシ

Ⅱ 倒産その他の詩

  • 倒産
  • 強盗ごっこ
  • 流れる街
  • 消えた歯科医院
  • 寡婦
  • 寸劇
  • 浮草
  • 僞の海で
  • リモコン

Ⅲ 張り番その他の詩

  • 夢の旅
  • 張り番
  • 遺書
  • アラモ
  • 小伝
  • 家系
  • ラグビー
  • ギンギラ

Ⅳ 見えない球その他の詩

  • 見えない球
  • 眠れぬ腕
  • 白い弾丸
  • 勇士
  • 理髪店にて
  • 沈む球

あとがき

 

・未完詩編

  • 夜陰の底深く 一つの出発のために
  • 哀歌 南海の果、若きいのちを沈めし友びとに捧ぐ
  • 降臨祭
  • 薔薇の混乱
  • 礫・花辨・鳥など
  • 火の車
  • 石のパイプ
  • 未明の椅子
  • 衝激
  • 火をみた
  • 死んでいた時間
  • 一つの姿勢
  • 六月
  • 沈黙の人
  • 失くなった街
  • 汚されたキャタピラ
  • 御来光
  • 落盤
  • 山陰本線
  • 観光船にて
  • 鳥取砂丘
  • 厄神詣で
  • 一つの部落
  • 自衛隊にて
  • 城攻め
  • 神棚
  • 迦楼羅(かるら)王
  • 仏壇
  • 夜の小鳥
  • 夜の滝
  • 向日葵
  • ゲリラ 但馬・竹野の猿に
  • やまい三題
  •  そこひについて
  •  胃痛について
  •  痔について
  • 病室にて
  • 青物店で
  • 青物店にて
  • 酸素
  • 蛇足
  • 浅黄裏(あさぎうら)
  • 旅路
  • フラミンゴ池で
  • 女の海
  • 確信 伊勢田史郎に
  • 包丁問屋にて
  • 釘の音
  • 曲った釘
  • 錆びた火箸
  • 飛ぶトタン
  • 包丁のうた
  • 梅と骨
  • 市場
  • 市場にて
  • 丘の上の病院
  • 坂の下の高層ビル
  • 湊川公園にて
  • ほんとうの雲
  • 新神戸駅にて
  • 冬の桜
  • 花よ
  • 胎む
  • 雨の日
  • 死んだ文字
  • 丹波古寺にて
  • 梅雨
  • 冬のライオン
  • 終戦処理
  • 晩餐会
  • 花火
  • 詩人の人生
  • 水子
  • 夜のうた
  • 夜のうた
  • 夜のうた
  • 夜のうた
  • 夜のうた
  • くるみ
  • 人情
  • 紅葉狩
  • あのひと
  • サービス
  • 一発
  • 槍ガ岳にて
  • 山小屋の朝
  • 新年
  • ハル・ブリーデン
  • 走れ!
  • 刺客
  • 合鍵
  • 鍵狂い
  • 鬼針
  • 命綱
  • 不況
  • 鼠取り
  • 西洋兜
  • 焼けたロストル
  • 決闘
  • 花しょうぶ
  • 褐色の実
  • くるくるまわるケースの中で
  • 事件
  • 鬼門
  • 霊園にて
  • 同業
  • 今日の献立
  • 産地
  • 荒ぶる神
  • 火事
  • ずぶ濡れの青春
  • 家族
  • 戦記
  • はかりの検査
  • 金庫
  • 遠い朝
  • 旅順
  • 開眼
  • 二つの死
  • 利息
  • イカロス
  • 詩人の魂
  • 別れのブルース
  • 溶ける風景
  • 藤娘
  • 合鍵
  • 標的
  • 食物二題
  •  烏賊
  •  ササニシキ
  • 都会の農民
  • 冷たい水
  • 太介
  • タンポポ
  • 焼却炉のある風景
  • 銭湯にて
  • 銭湯の竜
  • 健康風呂
  • 公衆浴場の将来
  • 風船飛ばし
  • 記録
  • しんぽう
  • オールドファン
  • 満期
  • 散髪
  • 小さな港
  • オイル
  • 瘡蓋
  • 錆びる
  • ビス
  • 鉄塊
  • 玄翁
  • ダライ粉
  • 斧の話
  • 過疎の村へ
  • ひまわり
  • スギナ 進藤敏君に
  • 鹿のふん
  • 湯たんぽ
  • 村の秋
  • 荷造り
  • 算盤
  • 商法
  • 二代
  • じゃがいも
  • 檸檬
  • たまご
  • 二十世紀
  • 酢大豆
  • らっきょう
  • ぐれーぷふるーつ

・中村隆について

  • 中村隆・人と作品 
  •  釘樽の底から 安水稔和
  • 中村隆・その詩と人生
  •  クラルテを求めて 伊勢田史郎
  •  父と子 全詩集のために 倉橋健一

中村隆年譜
未刊詩初出一覧

おわりに 編集にあたって 中村隆文


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

月と頭蓋 大橋千晶詩集

f:id:bookface:20210217101531j:plain

 1998年5月、書肆山田から刊行された大橋千晶の詩集。装画は岡安歌子。


目次

  • 海月
  • 月と頭蓋
  • 水と風によせる断章
  • ゆりかもめのように
  • 驟雨のなかを
  • 曼珠沙華
  • 幼年・素描
  • その部屋の窓から
  • 水草につつまれて
  • そのドア
  • 小さな灯りのように
  • 小さな風
  • おしえて
  • あかり
  • 金色のサキソフォン
  • 櫂の音
  • 船出
  • 花の暈
  • 暗い旅Ⅰ
  • 暗い旅Ⅱ冬の桜
  • わたしの天使
  • 回転木馬
  • 歩行
  • みちのかたち
  • 水尾
  • 蛍ぶくろ
  • 遠ざかっていくもの
  • 階段・夢
  • 細い蝋燭を灯して

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

学校へきた背後霊 岩本敏男/宮崎耕平

f:id:bookface:20210309111605j:plain

 1992年5月、PHP研究所から刊行された岩本敏男(1927~)の児童書。絵は宮崎耕平。

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

白い地図 青山雨子詩集

f:id:bookface:20210217101350j:plain

 2011年10月、書肆山田から刊行された青山雨子(1961~)の第3詩集。装幀は青山咲子。著者は福井県武生市生まれ、刊行時の住所は福井県鯖江市。

 

目次

  • 浜辺
  • ろう燭
  • 廃屋
  • 口のなか
  • バスルーム
  • 足跡
  • 爪楊枝
  • 白い地図
  • 馬車で


NDLで検索
Amazonで検索