このブログについて

f:id:bookface:20201231184511j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも墓石化している古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

本家ブログ「(いそがい・はじめの)杉並ファクトチェック」もよろしく。(2019.2.26)

杉並区に古本屋さんは何軒あるの?
杉並区に詩人は何人いるのか調べてみました
 

ヤフオクで全額募金のチャリティ・オークションを始めました。昨年、郵送料が変わったので試行錯誤すると思いますが、ご登録のほど、よろしくお願いします。お宝があるかもしれませんよ! 出品リスト→ https://auctions.yahoo.co.jp/seller/hisogai (2019.4.2)

 衣更着信詩集『孤独な泳ぎ手』と衣更着信訳『人生摘要 英米現代詩集』を国会図書館に寄贈しました。(2019.6.11)

南陀楼綾繁さんの取材を受けました!
→ シリーズ古本マニア採集帖 第11回 磯貝一さん 「ことば」のルーツを探るひと

ヤフオクのチャリティオプションが無くなりましたが新型コロナ禍の中でどうしたらよいものか。寄付先を含め再開検討中です。(2020.12.31)

途方もない虹の立つところ 高橋徹詩集

f:id:bookface:20211021083327j:plain

 1979年7月、VAN書房から刊行された高橋徹(1925~)の第2詩集。著者は大阪市生まれ、刊行時の職業は朝日新聞学芸部記者、住所は芦屋市打出小槌町。

 

目次

幻想のモンゴル 長井康平

  • 序章
  • 恋歌
  • 岩塩地帯
  • サキョウヨモギ
  • タルバガン
  • ヒツジの毛
  • 迷走
  • 断章
  • ゴキブリ君
  • ユーラシア内陸幻想
  • 日記
  • 秘儀
  • モンゴル馬概説
  • バフチサライの泉』によせて
  • 井戸の底の底
  • 夢中メモ
  • 小なりとも
  • 双眼鏡 そして
  • あるいは
  • 闇に溶ける
  • 馬頭琴
  • 呆けて涙する
  • 黄塵
  • 窒息 陳舜臣作『桃花流水』から
  • 荒れ野
  • 石の涙
  • ゴビみやげ

後記


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

洪水の前 坂井信夫詩集

f:id:bookface:20211110090817j:plain

 1980年9月、七月堂から刊行された坂井信夫(1941~)の第6詩集。版画は星野勝成。扉題字は出口力。著者は満州国新京生まれ、刊行時の住所は横浜市港北区

 

目次

  • 破滅 
  • わが影のヴィダーラ
  • 忘却のチャカレーラ
  • 夜の祈り
  • さすらい
  • 雪景色 
  • 悪い寝覚め 
  • 夜はしらむ 
  • 懐かしの故郷 
  • 心を輝かすために 
  • 残り火 
  • やるせなき寂莫 
  • 嘆きのミロンガ
  • 悲しきこのたばこ
  • 幸福
  • どこの生れときかれても 
  • 私の悪い星
  • つれづれに思うこと
  • 矢は放たれた
  • 私は光になりたい 
  • 古い牧場

あとがき 


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

麒麟の休日 山崎郁子歌集

f:id:bookface:20211103095416j:plain

 1990年9月、沖積舎から刊行された山崎郁子(1963~)の第1歌集。付録栞は、井辻朱美「”ふはふあ”少女」、加藤治郎「『投瓶通信(混乱ダブルス)』のことなど」、坪内稔典「少女短歌の登場」、菱川善夫「人を不安定に誘う優雅なエネルギー」、吉野朔実「少女のいる風景」。

 

目次

  • おやすみなさいをする前に
  • 眠り姫論
  • Simpleなくちづけ
  • うとうと
  • 菊助の冒険
  • グレーテルの森
  • つめたい・ランド
  • 夏の時間割
  • 欲ばつてしまふ
  • かなりあ大陸
  • バー・レッスン
  • のすたるじあ

あとがき

 

書評等
現代歌人ファイルその88・山崎郁子(トナカイ語研究日誌)

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

待ってえ 坂口朝子詩集

f:id:bookface:20211021083120j:plain

 1979年2月、VAN書房から刊行された坂口朝子(1939~)の第5詩集。VANシリーズ54。著者は小田原生まれ、刊行時の住所は茅ヶ崎市

 

目次

  • 待ってえ
  • 通夜の家族
  • 締括り
  • おモトさん
  • 青春
  • 駅前の住み込み旅館
  • 路地
  • 忌中村
  • 命日
  • あの若者(こ)がうたったあの唄は

 

あとがき

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

ことばもよう 織田道代詩集

f:id:bookface:20211110090546j:plain

 2002年4月、踏青社から刊行された織田道代の第5詩集。装画はおりたひよ。刊行時の著者の住所は小金井市

 

 第四詩集『あるひのあひる』から、約五年がたちました。その間に、ことばあそびの相棒だった白猫ジュンが天国に召され、その代わりのように、杏ジャム色のやんちゃ雄猫ジャムがやって来ました。ジャムが相棒になってくれるかどうかは、まだよくわかりませんが、とにかく、いろんなあるひを、あひるは何とか無事に過ごして来ました。すべてに感謝したいと思います。
 一昨年、ことばあそびが縁で知り合った夢岡樽蔵さんから、能登の輪島に江戸時代から伝わる「段駄羅(だんだら)」を教えていただきました。五七五の中心に、二重の意味を持たせ、五七と七五の二景を詠み、転換の妙を楽しむ文芸です。輪島段駄羅同好会(中村裕会長、船本勝信事務局長)に、東京からただ一人入れていただいて、ぽつりぽつりと拾えた段駄羅の中のいくつかを、今回、だんだら模様のように並べて詩にしてみました。
 また「独吟半歌仙風」として、所謂「連句」のルールは殆んど無視して仕立てたものも載せてあります。
 こんな具合に、ことばと気ままにつき合った『ことばもよう』ですが、お気に召すもようが、ちらりと幽かにでもお目に留まれば、何より嬉しく存じます。
(「あとがき」より)

 

目次

  • ぬのをおる
  • 花もよう
  • 水玉もよう 
  • から草もよう 
  • 縞もよう
  • よしあしもよう
  • 鳥もよう
  • こねこもようね
  • そっくり くりのみ
  • 一日のうた
  • 一年のうた
  • しりとり詩 
  • うそ (1~5) 
  • 愛怨吼文
  • 曼陀羅 まんまんだあ
  • 冬の銀座
  • 渋谷の街 
  • 段駄羅 花繚乱
  • ことばもよう

あとがき

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

帝国情緒 鈴木政輝詩集

f:id:bookface:20211103094843j:plain

 1937年10月、書物展望社から刊行された鈴木正輝(1905~1982)の詩集。

 

目次

序 萩原朔太郎

自序

  • 世界帝國
  • 黒人哀歌
  • 國母陛下よ
  • 慈父の歌
  • 國際的青年
  • パイプ銜へて
  • 戀慕曲テロリズム
  • さすらひ女
  • 隅田川旅情歌

関連リンク

旭川文学資料館 旭川ゆかりの詩人 鈴木政輝展(あさひかわ新聞)

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索