このブログについて

f:id:bookface:20201231184511j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも墓石化している古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

本家ブログ「(いそがい・はじめの)杉並ファクトチェック」もよろしく。(2019.2.26)

杉並区に古本屋さんは何軒あるの?
杉並区に詩人は何人いるのか調べてみました
 

ヤフオクで全額募金のチャリティ・オークションを始めました。昨年、郵送料が変わったので試行錯誤すると思いますが、ご登録のほど、よろしくお願いします。お宝があるかもしれませんよ! 出品リスト→ https://auctions.yahoo.co.jp/seller/hisogai (2019.4.2)

 衣更着信詩集『孤独な泳ぎ手』と衣更着信訳『人生摘要 英米現代詩集』を国会図書館に寄贈しました。(2019.6.11)

南陀楼綾繁さんの取材を受けました!
→ シリーズ古本マニア採集帖 第11回 磯貝一さん 「ことば」のルーツを探るひと

ヤフオクのチャリティオプションが無くなりましたが新型コロナ禍の中でどうしたらよいものか。寄付先を含め再開検討中です。(2020.12.31)

迷乱の果てに 評伝 大手拓次 関口彰

f:id:bookface:20210514073802j:plain

 1985年11月、私家版として刊行された関口彰(1945~)による詩人・大手拓次の評伝。装画は斎藤カオル。刊行時の著者の住所は千葉県印旛郡、職業は私立高校教諭。

 

目次

  • 魔性
  • 詩壇
  • 象徴主義
  • ボードレールと拓次
  • 詩集『藍色の蟇』について
  • 詩と性と
  • 拓次のエロティシズム
  • エロティシズムの様相
  • 深遠なエロティシズム
  • 美の遊行者
  • 幽冥な美学
  • 薔薇詩篇について
  • 詩集出版の虚実
  • 師弟としての白秋と拓次
  • 空想の病児
  • 至純と獣性
  • 寂気の虫
  • 詩集『白い狼』とその他
  • 敗れし夢
  • 詩集『九月の悲しみ』について
  • 迷乱の果てに

使用テキスト及び主要参考文献
あとがきふうに

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

狸のいくさ 浅野明信詩集

f:id:bookface:20210407102337j:plain

 1964年7月、思潮社から刊行された浅野明信(1933~)の第4詩集。装幀は小松慶司郎。著者は室蘭生まれ。刊行時の住所は夕張市


目次

1狸のいくさ

  • 狸のいくさ
  • 狸の悩み
  • 蟹股
  • 狸御殿
  •  姫の声
  •  百姓の声
  •  じじの声
  • ●狸とマスコミ

樹氷

  • 樹氷の炭山で
  • 本物の家
  • 木と巫女
  • 獲物・木々
  • 誕生
  • 樹氷
  • ●祖父と樹氷の町
  • 人のこと
  • 北の普通列車
  • 慶則・トシの次男坊
  • 単複部会の忘年会
  • 主人と女ども。
  • エセ詩人の妻
  • ●死と詩の闘い
  • 狸のいくさ祖述記

解説 伊豆太朗


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

夏みかん酸つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子句集

f:id:bookface:20210324205542j:plainf:id:bookface:20210324205546j:plain

 2009年8月、河出書房新社から刊行された鈴木しづ子(1919~)の歌集。『春雷』(1946)と『指環』(1952)の合本。著者は神田生まれ。


目次

・句集 春雷

  • 序 松村巨湫
  • 春雷
  • 跋にかえて 鈴木しづ子

・句集 指環

  • 序 古谷綱武
  • 指環
  •  きづつく玻璃
  •  春たつまき
  •  明星に
  • 跋 松村巨湫
  •   鈴木しづ子

鈴木しづ子というひと 正津勉

 

書評等
をんなという大自然を生きた鈴木しづ子 奇跡の句集(硯水亭歳時記Ⅱ)


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

丘の秋 國井克彦初期詩篇

f:id:bookface:20210514073604j:plain

 1996年2月、ミッドナイト・プレスから刊行された國井克彦(1938~)の第10詩集。著者は台湾基隆生まれ、刊行時の著者の住所は葛飾新小岩


目次

  • 眠られぬ夜には
  • 冬の夜の誘惑的な一點景
  • 佐原はいい所だ。
  • 真夜中の歌
  • 遠い汽車の汽笛に
  • 放課後の思い
  • 灰色の風景
  • 白い雲
  • 白い雲
  • 小路
  • あこがれ
  • 雨の中に
  • 夕暮れの町
  • 九月六日午後四時
  • 暗い夜
  • 西の空
  • 鈴掛の木蔭
  • 秋の日
  • 浅間高原
  • 或る午前
  • 屋根
  • 赤い花
  • NONOVEMBER の前身について
  • 或る午前
  • 冬のレール
  • 私は
  • 午前零時
  • 冬の朝
  • 失眠
  • 陸橋にて
  • 窓邊
  • 夜の雨
  • マンホール
  • 小径
  • 保土ヶ谷
  • 五月
  • たそがれ
  • 丘の秋
  • 遠い山脈
  • 空で
  • 眠り
  • 二子玉川にて
  • 夕暮れ
  • ぼくらの日
  • 夜ノ東京驛
  • お前の顔はないか

(制作順)


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

一握の玻璃 西條八十詩集

f:id:bookface:20210407102019j:plain

 1947年6月、雄鷄社から刊行された西條八十(1892~1970)の第4詩集。画像は裸本。


目次

  • 一握の玻璃
  • 一握の玻璃
  • 述懷
  • 斷章
  • 牡牛の夜
  • 逸出
  • 秋望
  • 或問題に關して
  • ここに
  • PARSPROTOTO
  • 青き花など
  • 軍歌
  • 珠玉の歌
  • 水仙
  • ここち惡しき濱邊
  • 餘燼
  • 蝶と氷と
  • シュプレー河畔にて
  • 餐宴
  • 香の河
  • VOYAGEFEERIQUE
  • 虚無船
  • 小夜曲
  • 谿間の酒場
  • 詩感
  • 詩感
  • 詩作
  • 火の鳥
  • 或夜の歌
  • 音なき音を
  • 訣別
  • 美しき灰
  • 幽星
  • 幽星
  • 破船
  • 新居
  • 父と娘
  • つくろひ
  • うぐひすの墓
  • 流離詩篇
  • 疎開
  • 車窓にて
  • 逝く人多くして
  • お染の首
  • みなかみ
  • 戰塵
  • ジープ來る
  • 秋風
  • ねずみとり
  • 定九郎
  • 石と共に
  • 泰山木
  • 色鳥
  • 日だまりに居て
  • 病める日に
  • 洪水
  • 玩具
  • 冬河
  • つくば
  • 偶感
  • サンタクローズ
  • 拾遺
  • 或人の死に
  • 夏菊
  • たばこ
  • 紅蟹抄

おぼえがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

採訪記 時里二郎詩集

f:id:bookface:20210324205306j:plainf:id:bookface:20210324205309j:plain

 1988年7月、湯川書房から刊行された時里二郎(1952~)の第2詩集。第39回H氏賞候補作品。

 

 本書には当初、その表題となった「採訪記」なる作品が書かれるはずであった。非在の植物・昆虫・鉱物・地誌・人物を採集、探訪するそれぞれの男たちの五つの遍歴譚である。本書に収められた作品には、その書かれなかった「採訪記」の断片のいくつかが紛れこんでいる。ある意味において、それらの断片を孕んでいる本書の作品は、「採訪記」という割れた鏡面の破片であり、それぞれに「採訪記」の陰画が刻されているといえるかもしれない。もって本書の表題とした所以である。
(「覚書」より)


目次

  • 大鴉
  • 鳩をめぐるStanza
  • ダルレス 或いは記憶の地誌
  • 或る亡命者への頌
  • 闇をめぐる二つのnote
  • 植物譜
  • 指茸記


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索