このブログについて

f:id:bookface:20201231184511j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも墓石化している古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

本家ブログ「(いそがい・はじめの)杉並ファクトチェック」もよろしく。(2019.2.26)

杉並区に古本屋さんは何軒あるの?
杉並区に詩人は何人いるのか調べてみました
 

ヤフオクで全額募金のチャリティ・オークションを始めました。昨年、郵送料が変わったので試行錯誤すると思いますが、ご登録のほど、よろしくお願いします。お宝があるかもしれませんよ! 出品リスト→ https://auctions.yahoo.co.jp/seller/hisogai (2019.4.2)

 衣更着信詩集『孤独な泳ぎ手』と衣更着信訳『人生摘要 英米現代詩集』を国会図書館に寄贈しました。(2019.6.11)

南陀楼綾繁さんの取材を受けました!
→ シリーズ古本マニア採集帖 第11回 磯貝一さん 「ことば」のルーツを探るひと

ヤフオクのチャリティオプションが無くなりましたが新型コロナ禍の中でどうしたらよいものか。寄付先を含め再開検討中です。(2020.12.31)

 

南陀楼綾繁さんのインタビュー集が本になりました。

古本マニア採集帖 「古本のある生活」をおくる、36人へのインタビュー集。

本を集め、本と遊び、本で調べ、本から本を作る……。その情熱と執着は、どこから生まれてどこへ行くのか?読者の記録を追いかけてきた著者による、古本マニアたちの標本箱。「日本の古本屋メールマガジン」人気連載に、新たに書き下ろし原稿を収録。

f:id:bookface:20211231232311j:plain

古本マニア36人衆の1人として採集されておりますので、よろしくお願いします。(2021.12.31)

山妣さがし 板倉道子詩集

f:id:bookface:20220323155529j:plain

 2014年2月、砂子屋書房から刊行された板倉道子(1954~)の詩集。カバーは磯江毅「子供」。装幀は倉本修。著者は砂子屋書房社主の田村雅之の妻。

 

目次

  • 約束 
  • 銭湯行き 
  • みなみなき鳥 
  • ベンチ 
  • ファミリー 
  • おばあさんになる日
  • あらわれる
  • ままずはんど
  • 山妣さがし
  • そちらこちら 
  • 花菖蒲――Yさんに
  • 菜の花畑

  • 過渡期1 多摩川
  • 過渡期2 五月にやってきた人へ
  • 河を渡れ1 苅安の紐 
  • 燭々として
  • 海中公園
  • 恢復期 手紙
  • 河を渡れ2 海猫
  • もどり河1 むらさきの訪問
  • もどり河2 燃えるキリン
  • もどり河3 あたたかすぎる散歩

あとがき

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

臍 星野洋輝詩文

f:id:bookface:20220314220231j:plain

 1995年3月、あざみ書房から刊行された星野洋輝の詩文集。カバー紹介文は粕谷栄市と国峰照子。刊行時の著者の職業は国領の「熊王ラーメン」オーナー。


目次

  • タバコとかコシマキとか
  • 悪い句
  • 豆腐
  • 気配り
  • 旅情
  • シンドバッド石油
  • 白鷺
  • 人喰虎
  • 皮の財布
  • Innocent
  • 腹の立つこと
  • 二階に棲む人
  • くしゃみ
  • 青いジーンズ 
  • 鳥頭に入る
  • 花見
  • 三人兄弟
  • ボールペン
  • ひと差し
  • ヒロの亡霊
  • 豚の骨 
  • お世辞 
  • 臍で
  • 重量挙げ 
  • おばさんの髭 
  • 三振
  • 遺伝子 

あとがきに代えて


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

崩れゆく走行の哀歌 泉谷栄

f:id:bookface:20220323153256j:plain

 1978年12月、沖積舎から刊行された泉谷栄(1941~)の評論集。装幀は谷川晃一。

 

目次

  • 眼の寓話
  • 眼の文法
  • 生きられる空間へ
  • 感覚空間・その発出と帰還
  • 透明なる混沌の幻像
  • 詩論の試論
  • 生きの証し


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

体温 藤本敦子詩集

f:id:bookface:20220314220028j:plain

 2000年11月、花神社から刊行された藤本敦子(1945~)の第2詩集。装幀は熊谷博人。著者は宮古市生まれ、刊行時の住所は千葉市

 

 作品は、『ラ・メール』『サンケイ朝の詩』『渚の午後』『かもめ』等に発表したものの中からと、書き下ろしを五篇加えました。
 書き続ける場をくださいました新川和江先生、伊藤桂一先生に深く感謝申し上げます。ご病気の吉原幸子先生に、ご快復の祈りと感謝を捧げます。
(「記」より)


目次

  • 木洩れ日
  • 五月
  • 秋の縁側
  • 駅 
  • そんなこと
  • きさらぎの水
  • 雪道
  • 絵をかくこども
  • 学校へ 
  • 立て札
  • ポプラ
  • 競技場 
  • 大根
  • ある日 
  • 処理
  • 風景
  • 方向
  • タンチョウ 
  • 街道
  • 春キャベツ
  • 今日
  • 山の聲
  • 土の上
  • 滝――あとがきにかえて


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

かわほりさん 海埜今日子詩集

f:id:bookface:20220323152659j:plain

 2014年9月、砂子屋書房から刊行された海埜今日子の第5詩集。装画は天久髙広。著者は東京生まれ、刊行時の住所は世田谷区。

 

目次

  • 非時香果(ときじくのかくのこのみ)
  • 貝殻草/貝殻骨
  • 骨灰(こつばい/こっかい)を
  • 瞬く国の物語 
  • くものさかなともりのりゅう 
  • ふねのおりかた
  • かわの外(ほか/そと)であいましょう 
  • たそがれのばしょ 
  • あらくね 
  • 名前なら、数の流れる地下室です 
  • なまえをさく。 
  • ことりやの味
  • あさなゆうな
  • おきにいりをうて。 
  • 紙の声 
  • 空夢売捌人 
  • すいし、君へ。 
  • 貴婦人の優雅な恥辱
  • きたなくってきれいなの 
  • こはんのやどは、あたしをかれた……
  • 永遠の瘡蓋 
  • ゆぶねをうかべて、 
  • はすのもり、つきのひる 
  • あめのとりふね
  • 鏡を曲がる空に高く。
  • 勿忘草のきみをまち
  • 鳥ふる街角
  • 葡萄会の手帖――病院坂にて
  • 薔薇あど
  • のどにまします、ほとけさま

たそがれ的な場所で、言葉を。――あとがきにかえて

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

北にある窓 小西たか子詩集

f:id:bookface:20220323143800j:plain

 1990年7月、花神社から刊行された小西たか子(1937~)の第3詩集。著者は姫路市生まれ、刊行時の住所は姫路市

 

目次

  • 鳥かげ
  • 花の在りよう
  • 距り
  • 三月の朝
  • 夜寒
  • しらさぎ
  • 水平線
  • 撹拌
  • 石仏
  • 北にある窓

  • メロン
  • 舟の上
  • 魚 
  • 水もよう
  • かたつむり 
  • グラス
  • 川藻
  • 夕立
  • 月明かり
  • 始発列車
  • 車止めのある駅

 

跋 それは出発の印にも 菊地真

あとがき

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索