このブログについて

f:id:bookface:20201231184511j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも墓石化している古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

南陀楼綾繁さんの取材を受けました!
→ シリーズ古本マニア採集帖 第11回 磯貝一さん 「ことば」のルーツを探るひと

 

南陀楼綾繁さんのインタビュー集が本になりました。

古本マニア採集帖 「古本のある生活」をおくる、36人へのインタビュー集。

本を集め、本と遊び、本で調べ、本から本を作る……。その情熱と執着は、どこから生まれてどこへ行くのか?読者の記録を追いかけてきた著者による、古本マニアたちの標本箱。「日本の古本屋メールマガジン」人気連載に、新たに書き下ろし原稿を収録。

f:id:bookface:20211231232311j:plain

古本マニア36人衆の1人として採集されておりますので、よろしくお願いします。(2021.12.31)

見えるものと見えないもの 宮本礼子詩集

 1980年12月、原詩人社から刊行された宮本礼子(1949~)の詩集。装幀は山崎晨、イラストは著者。原詩人叢書7。著者は敦賀市生まれ、刊行時の住所は大阪市都島区


目次

  • 同志森恒夫よ!
  • 激流
  • 大空へ
  • 死んだ子供は何を残したか
  • 私は回転木馬
  • 焦げてしまったこの胸は
  • ふりかえるということは
  • 自信がない
  • 唯物論
  • 御用鑑定と叛鑑定
  • 冬のはじめに
  • 好きだった君に 
  • 春が来たって?
  • 異次元
  • 夏の夜の回想
  • 私の子宮はひからびた
  • 動と静
  • 銀柱
  • 遠い遠い
  • 見えるものと見えないもの
  • それでも雨は
  • 光る風
  • もうどこへも
  • 少女の頃を過ぎて
  • みえっぱり
  • 回転扉
  • 罪人意識
  • 地球 (あるいは憧憬)
  • 善男善女
  • 人間関係は利害関係

透視力をもった詩集 井之川巨
問い続ける戦士、勇者の詩 長島光三郎
あとがき 宮本礼子

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

一丸章全詩集 龍秀美編

 2010年10月、海鳥社から刊行された一丸章(1920~2002)の詩集。編集は龍秀美(1948~)。一丸は福岡市新柳町


で生まれ。龍は佐賀県生まれの台湾人。1974年に日本に帰化

 

目次

・詩集 天鼓

  • 天鼓
  • 幻住菴
  • 血涙記
  • 望洋閣
  • 山姥
  • 戦「陸奧」
  • 裸形弁才天
  • 筑紫野抄
  • 長野德衛門覚書
  • 私立翠絲学校
  • 俊寛
  • あとがき

・詩集 呪いの木

  • 呪いの木Ⅰ
  • 切る
  • 呪いの木
  • 深夜の電話
  • 七月譚
  • 晩夏の流刑
  • 闇の舞台
  • 冬の法廷
  • 呪いの木Ⅱ
  • 漏刻台伝説
  • わが町・シャルルヴィゴールゴーラ(阿鼻叫喚の町)
  • 石人幻想
  • 銀泥譚1
  • 銀泥譚2
  • 四月譚
  • 宿命

・未完詩篇

Ⅰ[一九四三―五一年]

  • 静歌――ある夜の (矢山哲治に)
  • 木葉
  •  美しい午後抄
  •  鳩
  •  美しい午後
  •  驟雨
  •  俤(おもかげ)
  • 夜に……
  •  夜光時計
  •  諺言(たわごと)
  •  体温
  •  星月夜[1]
  • 幻夜――祈禱篇
  •  薔薇
  • 玻璩の貝殻――渚の夢
  • 焼絵の夏抄
  •  焼絵の夏
  • 筐底詩篇から
  •  有情(うじよう)歌
  •  春の蝶
  • 山巓抒情·
  • 恢復期
  • 祈禱
  • 春昼(しゅんちゅう)
  • 初秋
  • 春宵
  • 星月夜[2]
  • 晩春[1]
  • 五月
  • 初夏
  • 菜種月夜.
  • 雪明り 
  • 万華鏡
  • 銀の寝台·
  • 晩夏[1]
  • 晩夏[2]
  • 七月[1]
  • 舞扇
  • 暮春
  • 夜景
  • 音楽
  • 残照
  • 盛夏[2]
  • 晩夏[2]
  • 落日
  • 冬の蛾

Ⅱ[一九五二—六五年]

  • 旅愁――朗読のために
  • 曇天
  • 弟へ
  • 不眠のうた
  • 炎天
  • 微笑と鉄塔
  • 聖夜
  • 魚市場にて
  • テレビ塔から落ちて死んだのは
  • 声――女山(ぞやま)古墳にて
  • 晩秋
  • 競艇場にて
  • 六月 
  • 葡萄の季節
  • 死の町
  • 岬歌
  • 雄牛とテレビ塔
  • 老婆
  • 夜の鼓
  • 沼の素描
  • 秋日
  • 早春
  • 幽母亜艦隊始末記

Ⅲ[一九六七―七八年]

  • 撫でる
  • 夜の鋼索(ロープ)
  • 深夜の日時計
  • 新春短唱
  • 奇蹟
  • 銀泥譚 [3].
  • 秋の刃
  • 景清
  • 七月[2]
  • 夜の声
  • 火炎形土器
  • 石人幻想 [2]
  • 銀泥譚[4]
  • 銀泥譚[5]
  • 冬の刃
  • 雪の夜 
  • 浴場譚
  • 菊花譚

Ⅳ[一九七九―九三年]

  • 恋の浦奇譚
  • 生(いき)の松原――わが復活・
  • 夜の歌
  • 晩秋 [2]
  • 沼[1]
  • 醒が井――わが古典的コラージュ 
  • 沼[2]
  • 海浜
  • 祈禱歌
  • 神話
  • イルカの唄
  • 七月[3]
  • ひねくれ男の年賀
  • 新春・わが宇宙論コスモロジー
  • 鳴呼 サソリ族
  • 天津をとめ
  • 新春お道化(どけ)うた
  • 夏の紋章
  • 鶏(う)の小崎(こざき)
  • みのへのみちゆきこんだんぱなし
  • 美濃道行魂胆咄(みのへのみちゆきこんたんばなし)
  • 恋法師 一休
  • 岬歌(みさきうた)異聞
  • 夢の手風琴
  • 外輪船異聞
  • 砂漠の暴走族
  • 初夢
  • 夏信
  • ・詩論・随筆
  • 近代詩入門
  • カロッサ頌
  • 虚無の情熱 大手拓次小論
  • 室町の象徴詩人「正徹」
  • 現代詩の話
  • 私立翠糸学校
  • 歎異鈔のリズム 矢山哲治の手紙をめぐって
  • 伊勢物語私記
  • 安西均覚書
  • 正徹の歌一首
  • 槿花通信
  • いまも「白鳥」は飛んでいる 丸山豊の美学に関しての私小説風なノート

初出一覧
一丸章略年譜
解説 龍秀美
編集を終えて


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

美女とネズミと神々の島 かくれていた日本 秋吉茂

 1965年8月、河出書房新社から刊行された秋吉茂のノンフィクション。表紙・口絵は田代中徳。表紙構成は原弘。1965年日本エッセイスト・クラブ賞受賞作品。

 

目次

  • 上陸
  • 米んめし
  • キダカの総代
  • きよらウナグの島
  • 霧ばえの日々
  • ネズミさま
  • 一対九
  • 神さまへの挑戦
  • 島の先生たち
  • 洗骨の歌
  • ハダシの美女たち
  • ヘコのツメ
  • 赤い舟
  • ビンづめ作戦
  • 一二三四五六
  • 平塚の旗

みちのしま(あとがきにかえて)

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

なつかしき迷信たち 川満信一

 1995年3月、エポックから刊行された川満信一(1932~)のエッセイ集。カバーは山城見信、スケッチは儀間比呂志。川満信一コラム文庫3。

 

目次

  • 情報台風の目の中で
  • 文明の迷器と動物的直感
  • 書くことの悲哀
  • 汝敵の正体を知れ
  • 風神の新しい楽器
  • 石扇翁逝く
  • 秋と釣り嫌い
  • あり余る金の使い道
  • ヤングコロンビア計画を
  • 金儲けのアイデア
  • 森を焼き払うには……
  • 秘宝探しはいかが
  • 辻つまが合わないよ
  • 過激派ってどこ向き?
  • 水ばな滴る苦情
  • 島は地球の瞳
  • 島尾敏雄追悼講演会
  • 自分に言い聞かせる
  • 正気に戻る方法はないか
  • 病めるマスコミ?
  • 「一個のかん詰」 
  • 東と西の出合い!
  • 現代の祈りと呪
  • パトリオティズムとは
  • 滅びの道連れはご免だ
  • なつかしき迷信たち
  • 金のなる木
  • 苦い記憶に覚めよ
  • 思う憶う懐う念う
  • ガラス張りのひめゆり
  • あなたならどうする?
  • 利欲者時代の末期?
  • われら平和主義者
  • ポスト国体の国道58号
  • 野に隠れた巨人
  • 窮すれば通ず
  • 時の霧
  • 困った大臣ですね
  • クソったれ蘆溝橋
  • ねばならぬ建築
  • 「あ そう だからよ」
  • 時には論客のように
  • 最近平気と細菌兵器 
  • 洲鎌朝夫さんについて


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

ともしびの歌 臼井喜之介詩集

 1941年2月、ウスヰ書房から刊行された臼井喜之介(1913~1974)の第1詩集。装幀は天野隆一、題字は臼井美恵子、装画は小笠原啓介。

 

目次

序文 丸山薫

跋文 依田義賢

・跫音

  • 跫音
  • 征野の弟へ
  • 聖途
  • 父母へ贈るうた
  • 神神の街
  • 軍隊

・ともしびの歌

  • ともしびの歌
  • 紙凧
  • 冬の詩
  • 大黒柱
  • 地藏盆
  • 五月
  • 祈り
  • 午睡
  • 卵の詩
  • 厨のうた

・吹雪の夜に

  • 吹雪の夜に
  • 雪の詩
  • 雪面の哀歌

・越年

  • 越年
  • 妻の名を藉りて
  • 雨の詩
  • 缺けた玩具

・やま霧

  • やま霧
  • 童貞愁
  • 春愁
  • 蒼い月

・海のうた

  • 斑猫賦
  • 野性
  • 熱病

・にぎり壽司

  • 按摩さん
  • にぎりずし

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

幽霊を逃がしたか 川満信一

 1995年3月、エポックから刊行された川満信一(1932~)のエッセイ集。カバーは山城見信、スケッチは儀間比呂志。川満信一コラム文庫1。

 

目次

  • "サッタルバスイ"
  • 偽善語を見抜く
  • 玉野井先生をしのぶ
  • はさみの使い方
  • 国鉄のツケ
  • 邯鄲の歩み
  • 建築家たちの夢
  • 精神医療を考える
  • エロス文化の崩壊?
  • やぶにらみも必要
  • ループンの話
  • いじめを考える
  • 七草の行事
  • 事件の解明急げ
  • 死せる孔明
  • 薬のさじ加減
  • 技術革新の嵐の中で
  • スポーツと時代
  • 戦後飢餓派の悩み
  • サーカスの印象
  • 不可解な現象
  • ハレー接近に想う
  • 気になる海外小話
  • 浮浪者たちの季節
  • 誰のための教育か
  • 延命か尊厳死
  • 奇弁に用心
  • 人災による警告
  • 自己救済方法の一つ
  • 世の中の皮肉
  • 南海の啄木歌碑
  • 怖い夢をみそうな…
  • デモ抜き挨拶
  • 侵略戦争の足跡
  • ソーラー・ロード
  • 選挙戦の好材料
  • 50億人を考える
  • 雑学の徒の関心
  • ああ、渡嘉敷
  • 天然のジーン・バンク
  • 人情論コンプレックス
  • グルメの極意
  • 幽霊を逃がしたか?
  • バイオテク不安
  • 儀間比呂志の世界


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索