このブログについて

f:id:bookface:20201231184511j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも墓石化している古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

本家ブログ「(いそがい・はじめの)杉並ファクトチェック」もよろしく。(2019.2.26)

杉並区に古本屋さんは何軒あるの?
杉並区に詩人は何人いるのか調べてみました
 

ヤフオクで全額募金のチャリティ・オークションを始めました。昨年、郵送料が変わったので試行錯誤すると思いますが、ご登録のほど、よろしくお願いします。お宝があるかもしれませんよ! 出品リスト→ https://auctions.yahoo.co.jp/seller/hisogai (2019.4.2)

 衣更着信詩集『孤独な泳ぎ手』と衣更着信訳『人生摘要 英米現代詩集』を国会図書館に寄贈しました。(2019.6.11)

南陀楼綾繁さんの取材を受けました!
→ シリーズ古本マニア採集帖 第11回 磯貝一さん 「ことば」のルーツを探るひと

ヤフオクのチャリティオプションが無くなりましたが新型コロナ禍の中でどうしたらよいものか。寄付先を含め再開検討中です。(2020.12.31)

片岡文雄の世界 方言詩をめぐって

f:id:bookface:20210820100527j:plain

 1993年8月、本多企画から刊行された片岡文雄(1933~2014)の解説書。編集は「詩朗読と講演の夕べ」実行委員会。

 

目次

  • 書きことばと話しことばの間で 片岡文雄
  • 肉声は回復できるか 片岡文雄氏を招いての朗読会の記録 杉谷昭人
  • 片岡文雄の詩 ”子供時代の自然体験”との関係について 鈴木素直
  • 詩篇「西にむかって」のことなど 金丸桝一
  • 「あとがき」にかえて

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

獐鹿の歌 横塚光雄詩集

f:id:bookface:20210811123032j:plain

 1977年12月、河出書房新社から刊行された横塚光雄(1915~1977)の遺稿詩集。

 

 学窓を出てから、内地と大陸の間を幾度か往復した。その間に後年の記憶の足しにと思い、忙中閑を利して詩作に耽った。これはそのうちで纏まったものの一部である。いささか類型的な詩型と、当時の環境上の条件が作用して意想に単純のきらいがないでもないが、当時の気分としてはこれ以上どうしようもなかったと考えている。二十年の歳月を閲し、これが自分の青春の記念碑だったかと思うといささか物侘びしい思いもするが、今改めて加筆訂正をすることをやめて、原文のまま眺めるのも、当時の一青年の感懐の一端を窺う資とするに足りるような気がする。戦時中、原稿を喪失したり焼失したりして、二十代の仕事を判らなくしたが、一昨年来誰が何の為にするのか原稿を次ぎ次ぎと持去られて、三十代の仕事の大半を失ってしまった。それでこの詩集の草稿も没後に遺児たちの思い出草の一端にもと筺底深く蔵していたが、出来ることなら活字にして残して置きたいと思い出した。
 この詩集が個人的意味のほかに一時代の象徴的意味をどれだけ持ち得るかについては、作者として語る筋合いではないけれども、これがすべて戎衣の間に生れたということだけが往時の日本軍隊の鉄の規律のうちにも個人の自由の達成し得る範囲のあったことを認め得られると思われる。ただしこれが限界で思想的自由は望み得べくもなかったけれども。明日を知らぬ命なれば、今日の美(うま)し命に最も純粋な意味を求めようと思いながら、職業詩人には立ち入れぬ条件に入り、素人詩人には達成し得ぬ境地によって生れたことに、佳什というにはいささか貧しいこの詩集の最大限の価値があるとしておきたい。
(「後記」より) 

 

目次


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

夜店 弓田弓子詩集

f:id:bookface:20210804142519j:plain

 1985年10月、ワニ・プロダクションから刊行された弓田弓子の詩集。

 

目次

  • 虫ら、
  • 夜店
  • 首巻き
  • 起重機
  • 終電車
  • 針金
  • 小鳥
  • 花壇
  • 病室
  • 玩具
  • 時計
  • 銀紙
  • 变装
  • 腸詰
  • 腸誌
  • かたつむり
  • ナイフ
  • 静物
  • 古池
  • Mに对して
  • 道具屋
  • 借家
  • 雨期
  • 他人
  • 野ばら
  • 泣<
  • どこにでも闘牛士
  • 売場
  • 人質
  • 厨房
  • 犯人
  • 風船
  • 午後
  • セールスマン
  • 生態
  • クリスマスツリー
  • 冷蔵庫
  • 二○○○円
  • N女
  • カマキリ
  • ニャーゴ

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

むかさり絵馬 西岡寿美子詩集

f:id:bookface:20210820094405j:plain

 2002年9月、二人発行所から刊行された西岡寿美子(1928~)の詩集。装画装幀は北村文和。

 

 テーマを定める、と言えば聞こえはいいのですが、われながらどうも一つ事に執し過ぎる嫌いがあるようです。
 前々集「へんろみちで」には、足を痛めながら四国四県の辺地を何年も巡り歩きましたし、前集の「ゆの下に埋めたもの」では、滅びに瀕した山の民の暮らしを、「今ここで記録しておかなくては」、と入れ込んでしまいました。また、これは未刊ですが、素人のささやかな農体験「菜園便り」も、取り掛かってもう数年ですから、かなり堆い稿量となりました。
 これらを、意思による「攻め」の産物と呼ぶとすれば、今集は、そうした偏執から外れた「受け」の姿勢での普段うたです。ですが、凡々に見える日常こそ不測。こここそ生の切所で、得るより喪うことの速やかな難場ではありますまいか。何事であれ心用意もなく、経験則も持ち合わせないところへ、不意に出来する世事百般です。受け損ない、処し誤り、事過ぎて後の繰り言、に作が終始しているならば、それもまた器というものです。
 したがって、今集は一篇を除き、他のすべてを自前の詩誌「二人」発表の普段作から採りました。また、標題の「むかさり絵馬」は、かつて真壁仁先生がご案内下さった、山形立石寺(山寺)の景からいただきました。一見の旅行者にはまことに異様な習いと見えましたが、この世間一般の条理を突き抜けた人心の顕れには、いたく胸刺されるものがありました。あれから永い年月が過ぎ、先生も亡くなられて久しくなっての後ですが、遅ればせの手向け草ともなれば、と抽いて掲げることにいたしました。
(「あとがき」より) 

 
目次

  • 高みで
  • 形見(しょうぶ)分け
  • 遅れた戦死者
  • 幽霊話 二つ
  • 幽体
  • 痛い場所
  • 野の物を

  • 北へ傾いて
  • 斑猫(はんみょう)
  • むかさり絵馬
  • お頼(たの)申します
  • 人形の館

  • 追う
  • 還る
  • 迎える
  • 問う
  • 仕舞う
  • 聴く

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

それなりにも 柴田正夫詩集

f:id:bookface:20210811122853j:plain

 1975年7月、藤島和義によって刊行された柴田正夫の詩集。切張北譜冊子第1巻。著者は秋田県生まれ。


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

 

斑鳥のふるさとよ楽の羽 山口三智詩集

f:id:bookface:20210804142353j:plain

 1993年1月、近代文藝社から刊行された山口三智の詩集。装幀は今井潤子。

 

目次

  • 山へ
  • ののさんの石
  • 白い鹿
  • 初夏草上のぱんとまいむ
  • 樹と音楽堂
  • 少年僧と葦のリードⅠ・Ⅱ
  • 雪とひとひらの皿
  • 青春
  • 湖底の耳
  • 砂の楽器
  • 小春日和の窓べ
  • ノイエジーの湖岸の日々

  • 卵型ミューズの眠り 北あふりか・いべりあの旅
  • 夕明りの空を満たし
  • 河川の曲りがはぐくんでいた
  • 目をひらくと
  • いまもあたたかい石
  • 音水湖
  • あの児
  • まぁるいやさしいお陽さまだ
  • 星祭り
  • 白駒
  • 玉虫
  • 夕月山の辺りから
  • 鴻のとりお山
  • 斑鳥のふるさとよ楽の羽
  • サフランの朝
  • 夏の百合花
  • 水無月の鳥
  • 鄙の山里
  • 白花ときびのくろひめ
  • 白い花樹
  • くらのあるまちで響き合った

あとがき

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索