このブログについて

f:id:bookface:20201231184511j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも墓石化している古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

本家ブログ「(いそがい・はじめの)杉並ファクトチェック」もよろしく。(2019.2.26)

杉並区に古本屋さんは何軒あるの?
杉並区に詩人は何人いるのか調べてみました
 

ヤフオクで全額募金のチャリティ・オークションを始めました。昨年、郵送料が変わったので試行錯誤すると思いますが、ご登録のほど、よろしくお願いします。お宝があるかもしれませんよ! 出品リスト→ https://auctions.yahoo.co.jp/seller/hisogai (2019.4.2)

 衣更着信詩集『孤独な泳ぎ手』と衣更着信訳『人生摘要 英米現代詩集』を国会図書館に寄贈しました。(2019.6.11)

南陀楼綾繁さんの取材を受けました!
→ シリーズ古本マニア採集帖 第11回 磯貝一さん 「ことば」のルーツを探るひと

ヤフオクのチャリティオプションが無くなりましたが新型コロナ禍の中でどうしたらよいものか。寄付先を含め再開検討中です。(2020.12.31)

 

南陀楼綾繁さんのインタビュー集が本になりました。

古本マニア採集帖 「古本のある生活」をおくる、36人へのインタビュー集。

本を集め、本と遊び、本で調べ、本から本を作る……。その情熱と執着は、どこから生まれてどこへ行くのか?読者の記録を追いかけてきた著者による、古本マニアたちの標本箱。「日本の古本屋メールマガジン」人気連載に、新たに書き下ろし原稿を収録。

f:id:bookface:20211231232311j:plain

古本マニア36人衆の1人として採集されておりますので、よろしくお願いします。(2021.12.31)

風声 福田万里子詩集

 1965年10月、思潮社から刊行された福田万里子の第1詩集。題字は福田正人。

 

目次

  • あざみ台
  • 荒涼
  • 湖のうた
  • みちてくるもの
  • 言葉よ
  • ぶどう酒
  • 混沌から
  • ばらのリード
  • 四季に
  • 四月
  • 五月
  • 森へ
  • 旅人
  • 廃園
  • 水とバラ
  • 骨のブルース
  • 虜囚序説
  • 埴輪
  • フェニックス
  • 波状岩
  • 夏の夜の夢

跋 黒田達也

 

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

 

大人の童話・死の話 森崎和江

 1989年1月、弘文堂から刊行された森崎和江(1927~2022)の評論集。叢書死の文化2。


目次

  • 一章 失ったやさしさ、つよさ
  • 二章 幼な児のこころ
  • 三章 いのちの自然
  • 四章 墓標のごとき森
  • 五章 産むこと
  • 六章 神話とふるさと
  • 七章 死のぬくもり

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

二十五時 コンスタンティン・ヴィルヂル・ゲオルギウ 河盛好蔵訳

 1950年7月、筑摩書房から刊行されたコンスタンタン・ビルジルゲオルギウ (1916~1992)の長編小説。翻訳は河盛好蔵

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

倫敦の家 伴野徳子

 1940年1月、羽田書店から刊行された伴野徳子の随筆集。

 

目次

  • 倫敦雜記
  • 巴里行
  • 戴冠式前後
  • 日支事變以後
  • フラットの窓から
  • 年末旅行
  • マドレーヌ
  • 鄕愁
  • グッド・バイ・ロンドン


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

罪ある女 この渇くもの 太田経子

 1958年7月、光書房から刊行された太田経子の短編小説集。装幀は鶴岡政男。

 

目次

  • 罪ある女
  • 不倫の貌
  • 孤独な不毛の穴
  • 渴きのメモ
  • 夕方の妻の顔に
  • 結婚の後にくるもの
  • 暗い情熱
  • 友情の蔭の谷にて
  • 他人の血
  • 性生活の周囲
  • 貞節ということ
  • 肉につける愛
  • 蒼い傷
  • 処女降誕
  • 二つの情念
  • 渇き以前
  • 危険な関係
  • 色気ぬき

あとがきにかえて

 


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索