圓子哲雄

亜米利加國参上 圓子哲雄詩集

2001年11月、朔社から刊行された圓子哲雄(1930~)の第9詩集。朔叢書第11集。刊行時の著者の住所は八戸市。 一度だけの海外へ、それも十六日間と言う亜米利加國(アメリカ)への小さな旅だった。二十五年が経った。今年の正月、発心してこれまで頭から離れ…

七行詩集 涯 圓子哲雄詩集

2008年11月、朔社から刊行された圓子哲雄(1930~)の第12詩集。挿画は小山秀弘。朔叢書第19集。 目次 ・涯 小川 三月 立春 春海 空 夏夜 流れ星 生活(なりわい) 日々 涯 蜉蝣 墜ちる陽 樹齡 坂 罠 世 無塾 秋の日 野分の蝶 峠 夜汽車 冬夜 車窓 冬雲 ・家…

受胎告知 圓子哲雄詩集

1973年5月、思潮社から刊行された圓子哲雄(1930~)の第1詩集。装幀は石橋宏一郎。刊行時の著者の住所は青森県八戸市、職業は県立農業高校教諭。「朔」編集同人。朔叢書第1集。 目次 受胎告知 満月 生誕 産声 若い母親 子守歌 春 朝 一日 谺 落日 父子 シャ…