ラビーン

ひらけごま 荒木文雄詩集

1967年3月、文童社から刊行された荒木文雄の第6詩集。 リードからの記事は、過日大谷大学の学報のために書いたものである。それをそのままこゝにのせるのは少しぎこちない気もするが、リードの詩論は現在私の最も親近感を感じるものであり、また印刷上の好機…

二つの帆 荒木二三詩集

1952年10月、文童社から刊行された荒木二三(文雄)の第3詩集。コルボウシリーズ10。 目次 Ⅰ 暖徐調 先生・アダジオ・喪失・哀歌・死 Ⅱ サタイヤ 落葉・靈鳥の歌・臍・青海の中に・切られた首が Ⅲ メランコリイ 空白・雨・たそがれ・映畫を見に行こう・天高…

午後の花模様 山川瑞明詩集

1990年12月、檸檬社から刊行された山川瑞明の第3詩集。刊行時の職業は梅花女子大学文学部教授。現代日本詩人叢書第24集。ラビーン同人。 目次 Ⅰ・アメリカ風景 言葉のいらない時間 真昼の風景 冬景色点描 女たちの瞳 音のない世界 旅愁 青色に霞む風景 Ⅱ・古…