獅子文六

呑氣族 獅子文六

1949年4月、尾崎書房から刊行された獅子文六(1893~1969)の短編小説集。装幀は澤野井信夫。 目次 青空の仲間 女給双面鏡 櫻桃三壘手 呑氣族 昭和孝子傅 海景異彩 ホルモン奇談 新興花見風景 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

可否道 獅子文六

1963年8月、新潮社から刊行された獅子文六(1893~1969)の長編小説。装幀は芹沢銈介。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

アンデルさんの記 獅子文六

1963年6月、角川書店から刊行された獅子文六(1893~1969)の長編小説。題字は金子鷗亭、装画は木下孝則。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

女軍 獅子文六

1941年2月、河出書房から刊行された獅子文六の短編小説集。装幀は猪子斗示夫。 目次 ホントの話 われ過てり 好漢奇癖あり 寫眞 賣家 女軍 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

嵐といふらむ 獅子文六

1956年7月、角川書店から刊行された獅子文六(1893~1969)の長編小説。表紙は高橋忠弥。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

東京温泉 獅子文六

1949年6月、愛翠書房から刊行された獅子文六の長編小説。装幀は清水崑。底本は1940年刊行の新潮社版。 目次 靑雲漠々 夏の朝 ほりだしもの 怪電話 空よりの使者 紅燒鯉魚 けさの秋 繫がれる 禁札 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

胡椒息子 獅子文六

1948年11月、月曜書房から刊行された獅子文六(1893~1969)の長編小説。装画・装幀は宮本三郎(1905~1974)。底本は1938年の新潮社版。 目次 親のある孤兒達 新秋 兄の縁談 空の港 重大事件 おいてきぼり 蔭日向 惡い子になつてやる 寒い春風 或る感化院の…

あちら話こちら話 獅子文六

1955年4月、大日本雄弁会講談社から刊行された獅子文六(1893~1969)の随筆集。装幀は花森安治(1911~1978)。 目次 古巣の春 初日の出 鼈甲石鹼 ヘレさん 笛 「源八」 洋食と母 樺山老人 自画像展覧会 趣味に非ず 一番食べたいもの 泥酔懺悔 最初の那須 …

楽天公子 獅子文六

1955年10月、東方社から刊行された獅子文六(1893~1969)の長編小説。装幀は阿部龍應。 目次 元旦 今日も遊ばん 誘引者被誘引者 南縁の日向で 浴泉遊記 “Good―bye”の“Tee” 赤い嵐 日々是好日 額に汗して 約束 しづこゝろなく どうにかなる 春の天…

愚連隊 獅子文六

1957年1月、角川書店から刊行された獅子文六(1893~1969)の随筆集。装幀は宮田重雄(1900~1971)。 目次 愚連隊 レモネードさん ノゾキということ 老球友 一つの白い小さな球 巴里のレニン 銀座にて かくの如き食事 東條さん 負けぎらい 谷間の女 榎稻荷…

山の手の子 獅子文六

1950年11月、創元社から刊行された獅子文六(1893~1969)の随筆集。 目次 山の手の子 顏の研究 値遇反遇 タオル事件 あやまり癖 鹿兒島と江ノ浦 故鄕見物 熱田 靜岡 新留學論 巴里天國 役者と貧乏 大いに產む女優 寢正月 酒の研究 水について 利酒猪口 ホケ…

探偵女房 獅子文六

1958年5月、春陽堂書店から刊行された獅子文六(1893~1969)の随筆集。装幀は永田力。 目次 胡瓜夫人伝 断髪女中 今年の春外套 探偵女房 四月の蕾 明治正月噺 男の友情 天は晴れたり 松の一番 沈黙をどうぞ! 巴里のレニン あとがき NDLで検索Amazonで検索…

へなへな随筆 獅子文六

1952年9月、文藝春秋新社から刊行された獅子文六(1893~1969)の随筆集。 目次 『自由學校』の下調べ 復興見物 南の空の旅 空の旅 田舍のこと 鐘の音 M村の話 田舍の子供 架空旅行記 那須の狐 實業空業 續實業空業 インフレ禪 ネクタイと女房 ショルダー・…

おぢいさん 獅子文六

1949年8月、主婦之友社から刊行された獅子文六(1893~1969)の長編小説。装幀は宮本三郎(1905~1974)。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

おばあさん 獅子文六

1944年7月、新潮社から刊行された獅子文六(1893~1969)の長編小説。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

南の男 獅子文六

1964年11月、新潮社から刊行された獅子文六(1893~1969)の長編小説。装幀は芹澤銈介(1895~1984)。 目次 藤原青年 出雲の神様 龍沢寺 第二の故郷 ある結婚式 初の船旅 大道易者 南の男 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

飲み食ひの話 獅子文六

1956年9月、河出書房から刊行された獅子文六(1893~1969)の随筆集。装幀は芹澤銈介(1895~1984)。 目次 わが食ひしん坊 昨日の美味は今日の美味にあらず 細君料理 煮ざかな 東京のフグ 一番食べたいもの 惣菜洋食瑣談 鹽汁 河豚の腸 蟹 麩 豆腐の問題 汽…

南の風 獅子文六

1942年1月、新潮社から刊行された獅子文六(1893~1969)の長編小説。装幀は小穴隆一(1894~1966)。 目次 暑い童話 空氣銃の名手 腹立ちの花 昔は昔 母のはかりごと 女々郞 わが胸の燃ゆるおもひ 先客 都塵 氷中花あり 忍びざるの心 巷間鬼語 南の客 じや…

獅子文六の二つの昭和 牧村健一郎

2009年4月、朝日新聞出版から刊行された牧村健一郎による獅子文六の評伝。 目次 序 1章 異国への扉――横浜 父と福沢諭吉 2章 郊外の家――大森 文学への目覚め 3章 芝居と恋愛――パリ エトランジェ(異邦人) 4章 昭和モダニズムと軍国主義――千駄ヶ谷 1 マリー・…

てんやわんや 獅子文六

1949年7月、新潮社から刊行された獅子文六の長篇小説。毎日新聞連載(1948年11月~1949年4月)。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

遊覧列車 獅子文六

1936年1月、改造社から刊行された獅子文六(1893~1969)の随筆集。第2回直木賞候補作品。 目次 ・讀物 西洋變豪傅 半處女物語 半貴婦人物語 牛肉屋・ドン・ジュアン 血と泥濘の事件 フオリイ・ベルジヱール潜入記 立見席の女 諷刺小説 久里岬土産 金髪日本…

父の乳 獅子文六

1968年1月、新潮社から刊行された獅子文六(1893~1969)の自伝小説。「主婦の友」連載。 NDLで検索するAmazonで検索する日本の古本屋で検索するヤフオクで検索する

牡丹亭雑記 獅子文六

1940年1月、白水社から刊行された獅子文六(1893~1969)の随筆集。著者自装。 目次 牡丹亭雜記 由來 和洋小噺 一日三枚の辯 番外 シューポン拾遺 早稻田とタイガース 片貝 悲觀公子 F君 トンカツ談義 ラブレー遂に譯さる 小さん 球場內外 モデルの經驗 惣菜…

青空の仲間 獅子文六

1955年7月、新潮社から刊行された獅子文六(1893~1969)の短編小説集。装幀は野島青玆(1915~1971)。 目次 青空の仲間 文六神曲編 モモタロウ 日本敗れざりし頃 見物女中 横須賀物語 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

青春怪談 獅子文六

1954年12月、新潮社から刊行された獅子文六(1893~1969)の長編小説。装幀は馬淵聖(1920~1994)。読売新聞連載小説。 書評等 居眠り狂志郎の遅読の薦め佐藤いぬこのブログ知鳥楽NDLで検索するAmazonで検索する日本の古本屋で検索するヤフオクで検索する

娘と私 獅子文六

1966年12月、東方社から刊行された獅子文六(1893~1969)の自伝小説。装幀は御正伸(1914~1981)。元版は1956~1956年主婦の友社版。 私は、それまで、フィクションばかり書いてきた。これは職業に対する私の考えから出てることで、今後も、それを続けてい…

べつの鍵 獅子文六

1961年7月、中央公論社から刊行された獅子文六(1893~1969)の短編小説集。装幀は谷内六郎(1921~1981)。 目次 べつの鍵 おちんちん 二階の女 ケツネ滅びたり 何か寂しい男 狐よりも賢し NDLで検索するAmazonで検索する日本の古本屋で検索するヤフオクで…

沙羅乙女 獅子文六

1964年9月、東方社から刊行された獅子文六(1893~1969)の長編小説。装幀は御正伸(1914~1981)。元版は1939年の新潮社版。1938年東京日日新聞(毎日新聞)朝刊小説。 NDLで検索する日本の古本屋で検索するヤフオクで検索する

将軍鮒を釣らず 獅子文六

1942年4月、錦城出版社から刊行された獅子文六(1893~1969)の短編小説集。装幀は鈴木信太郎(1895~1989)。 目次 将軍鮒を釣らず 兵六夢物語 青春賣場日記 天は晴れたり 先見明あり 上野見物 初春米搗男 NDLで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

舶来雑貨店 獅子文六

1937(昭和12)年12月、白水社から刊行された獅子文六(1893~1969)の随筆・短篇集。 目次 序 椿姬をめぐる エロイーズ物語 歐亞二人旅 東西粹人傳序說 東西若夫婦考 東西女性風俗 世界一日本女 日本劇 「日本」 ピジャマ談議 シャンパン談議 水のルアイユ …