林嗣夫

解体へ 林嗣夫詩集

2016年6月、ふたば工房から刊行された林嗣夫の詩集。 目次 なぜか追悼、辻井喬 庭にしゃがむ、畑に立つ 1.新しい季節 2.庭先で 3.梅雨晴れ 4.草を刈る 5.秋海棠に寄せて 6.蝶 7.晩夏 8.水仙 9.線 10.コオロギの声 解体へ 1.帰郷 2.…

袋 林嗣夫詩集

1984年12月、書房ふたばから刊行された林嗣夫の第5詩集。表紙画は北泰子。 目次 髪 海 初夏 現代詩の夕べ へび あじさい 蛍 石臼 竹 S量販店の駐車場にて 沼 C子に関する恣意的なメモ 岬 袋のある風景 A子抄あるいは愛 日本の古本屋で検索ヤフオクで検索