林嗣夫

ガソリンスタンドで 林嗣夫詩集

1995年11月、ふたば工房から刊行された林嗣夫(1936~)の詩集。表紙は安井勝宏。 第26回高見順賞候補作品。著者は高知県幡多郡十和村生まれ、刊行時の職業は中学校教諭、住所は高知市。 目次 ケヤキ林の中で 花冷え カマキリ ある日の飢餓 ことばのある風景…

林檎 林嗣夫詩集

1989年12月、書房ふたばから刊行された林嗣夫(1936~)の詩集。表紙は久保理子。著者は高知県幡多郡十和村生まれ、刊行時の職業は中学校教諭、住所は高知市。 目次 林檎 位置 泣きながら 猫 シャモ コンサート 種崎海岸 高知公園で 水割り ちらし寿司 竹 ト…

耳 林嗣夫詩集

1986年11月、書房ふたばから刊行された林嗣夫(1936~)の詩集。表紙は北泰子。著者は高知県幡多郡十和村生まれ、刊行時の職業は中学校教諭、住所は高知市。 目次 あじさい わたしを運ぶもの 這っていく 殺人事件 ゆうれい 団地あたり 秋 声が 自転車 落葉 …

カナカナを聞きながら 林嗣夫詩集

1985年11月、書房ふたばから刊行された林嗣夫(1936~)の詩集。表紙、挿画は山沖素子。著者は高知県幡多郡十和村生まれ、刊行時の職業は中学校教諭、住所は高知市。 目次 段ボール、その愛のかたち 運転免許証 初夏 カボチャ 小さな運動会 小鳥のこと 五月 …

ある秋の日のできごと 林嗣夫詩集

1985年3月、書房ふたばから刊行された林嗣夫(1936~)の詩集。表紙は北泰子。著者は高知県幡多郡十和村生まれ、刊行時の職業は中学校教諭、住所は高知市。 目次 ・「学校」(1977)より へび チョーク スス子ちゃんについてのおおらかな研究 ある秋の日ので…

四万十川 林嗣夫

1993年11月、書房ふたばから刊行された林嗣夫の長編詩。著者は高知県幡多郡十和村生まれ、刊行時の職業は中学校教師、住所は高知市薊野。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

解体へ 林嗣夫詩集

2016年6月、ふたば工房から刊行された林嗣夫の詩集。 目次 なぜか追悼、辻井喬 庭にしゃがむ、畑に立つ 1.新しい季節 2.庭先で 3.梅雨晴れ 4.草を刈る 5.秋海棠に寄せて 6.蝶 7.晩夏 8.水仙 9.線 10.コオロギの声 解体へ 1.帰郷 2.…

袋 林嗣夫詩集

1984年12月、書房ふたばから刊行された林嗣夫の第5詩集。表紙画は北泰子。 目次 髪 海 初夏 現代詩の夕べ へび あじさい 蛍 石臼 竹 S量販店の駐車場にて 沼 C子に関する恣意的なメモ 岬 袋のある風景 A子抄あるいは愛 日本の古本屋で検索ヤフオクで検索