川崎彰彦

まるい世界 川崎彰彦

1991年11月、ファラオ企画から刊行された川崎彰彦(1933~2010)の短編小説集。装幀は菊地信義。ファラオ原点叢書11。 目次 まるい世界 伊平の終戦日記 兎 悪感 きれいなモミジ ハイウェイ感傷 ノギタイショー あとがき解説 小沢信男 NDLで検索Amazonで検索…

樹の声・鳥の歌 川崎彰彦 たなかよしゆき

1991年8月、すみれ通信舎から刊行された川崎彰彦(1933~2010)とたなかよしゆき(1950~)の往復書簡エッセイ集。装幀装画は粟津謙太郎。 「トラック日本」編集部の宇多さんから、自然にまつわる往復書簡形式のエッセイ連載という企画がもちこまれたとき、…

くぬぎ丘雑記 奈良盆地から 川崎彰彦

2002年11月、宇多出版企画から刊行された川崎彰彦(1933~2010)のエッセイ集。装幀・装画は粟津謙太郎、挿絵はうらたじゅん。 これは一九九七年三月から奈良新聞の文化欄に、同じ「くぬぎ丘雑記」の題名で、最初は月一回、途中から月二回の割合で連載したエ…

合図 川崎彰彦詩集

1992年11月、編集工房ノアから刊行された川崎彰彦(1933~2010)の第3詩集。装幀は粟津謙太郎。 これはぼくの第三詩集ということになる。一九八九年冬、二度目の脳卒中で倒れて以後の作品だけを集めた。 救急病院のベッドでぼくは精神的に打ちひしがれて横た…

私の函館地図 川崎彰彦

1976年11月、たいまつ社から刊行された川崎彰彦(1933~2010)のエッセイ集。 目次 船見町 弁天町 旧鍛冶町・大黒町 大町 末広町 銀座 青柳町 谷地頭・住吉町 大門 堀川町 人見町 乃木町 湯川・銭亀沢 函館山・函館湾 五稜郭 榎本軍占領下の七ヵ月 調べ残し…

川崎彰彦傑作撰

2016年4月、川崎彰彦傑作撰刊行委員会(中野朗、中山明展)から刊行された川崎彰彦(1933~2010)の選集。装画・装幀は栗津謙太郎。 目次 川崎彰彦の遺言「河童頭狗肉の記」 第一部 遺言編 ミケランジェロと雲雀 高畑 夏――フォークロアないし『愛知川の河童…

私の函館地図 川崎彰彦

1976年11月、たいまつ社から刊行された川崎彰彦のエッセイ集。挿画は鵜川五郎、装幀は藤堂修。 きょねんのこと、大阪での年少の友人である高村三郎君が、どういうわけか、私が折り折りの小冊子のもとめに応じて書き散らした函館に関する文章を集めて本にしよ…