高見順

私の小説勉強 高見順

1939年7月、竹村書房から刊行された高見順(1907~1965)の随筆集。 目次 私の小說勉强 文學的自敍傳 感想 大森の雜文 一、 稻荷利生記 二、 踏切と朝湯 三、 惡食ばなし 四、 僕と海(私の綴り方) 淺草の雜文 一、 寢そべる淺草 二、 憂鬱な役者 人間時評 …

諸民族 高見順

1942年2月、新潮社から刊行された高見順(1907~1965)の短編小説集。装幀は三雲祥之助。 目次 バリーの犬 諸民族 雛段 ププタン悲史 厦門の遙拜式 南海 南方の挿話 日本の靴 午後の庭 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

描寫のうしろに寝てゐられない 高見順

1937年1月、信生社から刊行された高見順(1907~1965)の評論・随筆・小説集。 目次 Ⅰ評論 描寫のうしろに寢てゐられない このモダモダや如何にせん 武裝解除に就いて 現代文學に對する愛情を 一個の人民 非常識の辯 愛憎二ならず 文章展覽會 情痴のこと其の…

如何なる星の下に 高見順

1940年4月、新潮社から刊行された高見順(1907~1965)の長編小説。装幀は三雲祥之助(1902~1982)。画像は裸本。 目次 第一囘 心の樂屋 第二囘 風流お好み燒 第三囘 冬の噴水 第四囘 落魄 第五囘 美帆 第六囘 帽子の下に頭がある 第七囘 日記と註から成る…

私の小説勉強 高見順

1939年7月、竹村書房から刊行された高見順の評論随筆集。 目次 私の小説勉強 文學的自敍傳 感想 大森の雜文 一、 稻荷利生記 二、 踏切と朝湯 三、 惡食ばなし 四、 僕と海(私の綴り方) 淺草の雜文 一、 寢そべる淺草 二、 憂鬱な役者 人間時評 一、 喫茶…

山の彼方の空遠く 高見順

1946年4月、新生活社から刊行された高見順(1907~1965)の短篇集。装幀は吉田貫三郎。 目次 花さまざま 晩春 温泉町の敬老會 寮歌悲話 山の彼方の空遠く 落葉 眼で見る愛情 大森風俗 盛り場 霜柱 東京暮色 NDLで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索