庄司総一

しびれ 庄司総一

1959年、光書房から刊行された庄司総一(1906~1961)の長編小説。装幀は永田力。著者は山形県飽海郡北平田村生まれ。刊行時の職業は慶應大学講師、住所は杉並区西荻窪。 NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索

ノノミ抄  庄司総一遺稿詩集

1962年3月、思潮社から発行された庄司総一(1906~1961)の遺稿詩集。 サンクチュアリということばには、聖所ということのほか避難所という意味がある。あるいは免罪区。その禁猟区にいはたくさんの鴨が飛んでいたが私はそれを射とうとはしなかった。猟銃で…