松林尚志

H・Eの生活 松林尚志詩集

1976年10月、無限から刊行された松林尚志の第1詩集。装幀・口絵は北山泰斗。 詩を書き始めたのは、「無限」が創刊され、村野四郎先生から投稿を勧められたのが機縁であるから随分長い年月が経ってしまったことになる。この間、詩を細々と書き続けてこられた…