筧槇二

真昼の夕焼け 筧槇二

2008年4月、中澤信男によって刊行された筧槇二(1930~2008)の短編小説集。装幀は中澤信男。 みんな古い小説である。あちこちに書き散らしてあつたものだ。一冊にまとめておかうと思ひたったのは、自らの終焉も近いなといふ自覚もあつたし、われわれの世代…

夕暮の時はよい時 筧槇二詩集

1999年5月、山脈文庫から刊行された筧槇二(1930~2008)の詩集。 目次 観梅 Oh God! ぢゃあね 戦争やってるわけでもないのに よこすか・晴天 少女の記憶 驟雨 孤影――嵯峨信之氏に 笑ふ眠る 追悼・櫻 含み笑ひの魅惑 介護について――または、夕暮の時はよい時…

鯖のやうな男 筧槇二詩集

1994年10月、ワニ・プロダクションから刊行された筧槇二(1930~2008)の詩集。装幀は直井和夫。 目次 敬礼ッ 詩人 朝露 食欲の秋 ! 老兵の敗北 舌長鎧の顚末 ツン子の青春 新たなる銃後 ドリーム・アナリシス 餌について 裏の顔 産卵 なぜだ? 美しい蛾 メ…

ビルマ戦記 筧槇二詩集

1989年12月、山脈文庫から刊行された筧槇二(1930~2008)の詩集。表紙カットは岩佐なを「犬神の儀礼」。 目次 出陣・ビルマへ 歩兵第百二十八連隊の主な戦闘地区 祖国 マンダレーへ 渡河 モール付近の戦闘―ウインゲート空挺部隊 緒戦 ホーピンへ ナムクイン…

村雨橋 筧槇二詩集

2004年8月、山脈文庫から刊行された筧槇二(1930~2008)の詩集。 目次 Good luck 電車と少女 名残酒なり 同窓会 花だより 散歩道―大津海岸 幻覚 化身―伴勇氏に そんなもん 名誉 颯々 毅然たり 交替 お早う 新年 笏 詩人 悪魔のリフレイン 帰天 深夜の温泉―…

夕凪ぎ 筧槇二詩集

1985年10月、山脈文庫から刊行された筧槇二(1930~2008)の詩集。装画は久保田昭三。製版はNECワープロ「文豪」。 目次 夕凪ぎ 蝶の道 春 女優の手 七月の海 八月 渇仰 魚 異変 うさぎ 夢を センチメンタル・ジャニィ 渋谷 百貨店の食堂で 薄暗い場所 白い…

詩人たち 筧槇二

1979年9月、山脈会から刊行された筧槇二(1930~2008)の随筆集。カットは久保田昭三。 目次 川端康成の詩 詩人 老残――老、無残 細川ちか子の死 送らせて――追悼・長田恒雄 平木二六と大木実の詩 言葉、そして悪文 オトナの話 映画の話 別れ 同人雑誌について…

あめりか 筧槇二

1974年6月、山脈会から刊行された筧槇二(1930~2008)の短編小説集。カットは久保田昭三。山脈叢書3。 目次 夕焼け あめりか 赤いカンナ 除名 人は内なる像に何を問う 跋にかえて 木全圓壽 NDLで検索アマゾンで検索日本の古本屋で検索ヤフオクで検索