原桐子

風街道 原桐子詩集

1994年11月、七月堂から刊行された原桐子(1924~)の第5詩集。装幀は加藤登美子。 一九八九年秋、戸籍にひとり取り残された。一九九〇年四月から一九九二年三月までの二年間を、長女の兵庫教育大学大学院留学と共に初めて関西の地に暮した。彼地での暮しを…

女たちの島 原桐子詩集

1988年9月、七月堂から刊行された原桐子(1924~)の第4詩集。装画は宮田はるみ、装幀は宮田登美子。刊行時の著者の住所は茨城県水戸市。 遠くから蹄の音が聞えてまいります。あっという間もなく彼方へと走り去る……。その瞬間を詩に託してみるとき、現代に、…

火喰鳥 原桐子詩集

1977年8月、詩学社から刊行された原桐子(1924~)の第2詩集。装画は山崎猛。第2回現代詩女流賞候補作品。刊行時の著者の住所は茨城県常陸太田市。 真夏のうだるような日、太陽の黒点と火葬にされた母の真っ黒に焼けのこった腰の部分が、かさなって見え、私…