2019-05-05から1日間の記事一覧

一つの机 菅原克己詩集

1988年4月、西田書店から刊行された菅原克己の第10詩集。 これは「菅原克己」の十冊目の詩集です。主に前詩集『日々の言づけ』以後の約三年間の作品を集めました。それと『定本菅原克己詩集』(一九七八年)の「未刊詩集より」の作品も再録しました。 菅原は「…

方位なき方位 底なき井戸 ヴィクトール・セガレン/豊崎光一

1990年11月、書肆山田から刊行されたヴィクトールセガレン/豊崎光一の詩文集。装幀は亜令。 目次 方位なき方位 底なき井戸 豊崎光一 碑 ヴィクトール・セガレン/豊崎光一訳 解説 挑発的訳業――隠れた名の方へ 澁澤孝輔 NDLで検索日本の古本屋で検索ヤフオク…

春の泥 高村三郎作品集

1999年6月、高村三郎を支援する会から刊行された高村三郎の作品集。装幀は、粟津謙太郎。附録栞は、川島知世「バカタレ」、金時鐘「無償の給付を生きてきた男」、高村恵美「芹を摘む」、葉山郁夫「高村三郎さんの遠い瞳へ」、土方鐵「三郎の病床俳句」、米田…