十一月殺日 垂水千賀子詩集

f:id:bookface:20171229091043j:plain

 1990年11月、思潮社から刊行された垂水千賀子の詩集。装幀は菊地信義。栞文は北村太郎

 

 タイトルからしてすごい。『十ー月殺日』とは、つけもつけたり、である。わたくしは原稿の段階で二十篇の作品を読み、頭がくらくらしてしまって、またしばらくしてから、もう一度読み返したのだが、その間、どういうわけか、このタイトルを『十一月狂日』と覚えこんでしまった。むろん、それは近来とみにひどくなったこちらの老耄(ぼけ)のせいにちがいなく。しかし、〈狂〉と〈殺〉には相通じる意味があってのことでもあろう。これら二つの漢字に共通しているのは、ひとことでいえば〈劇〉、つまりくはげしさ〉であり、また〈ドラマチック〉ということだ。
(「したたかな〈殺〉性 北村太郎」より)

 

目次

  • 大いなる門出
  • 十一月殺日
  • 記憶の乞食
  • 黒い珠
  • 大きな口
  • 穴の赤ん坊
  • こんにゃく列車
  • 発狂幇助の使徒
  • ゴールのランナー
  • みんな行ってしまった
  • 慢性円型脱毛症
  • あげます
  • ぬいぐるみ
  • どうかそうしてください
  • 夕暮れの散歩者
  • 祈りの姿勢
  • 青年
  • 曇天
  • 双児
  • 友達


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索