海で朝食 水橋晋詩集

f:id:bookface:20170412213941j:plain

1980年、神無書房から刊行された水橋晋(1932~2006)の第2詩集。装幀・挿画は藤林省三。

 

海とのかかわりのなかで書いた作品をまとめました。これらの作品は、畏友江森國友氏の個人雑誌「南方」への同人としての誘いがなかったら、おそらく書かれなかったでありましょう。また「南方」同人の八重洋一郎氏のアドバイスがなかったら、海とのかかわりのなかで、という持続的な視点をもちえなかったでありましょう。(「あとがき」より)

 

目次

  • 散歩
  • 崖の朝
  • 海水浴
  • 夏に食あたり
  • はじめに もどる
  • 犬の海
  • 冬至
  • 短い時間
  • 海までの距離
  • 交差点
  • ボート ドッグ
  • 海で朝食
  • 失踪
  • 訣別
  • 海刈り
  • 夏に留守番

解説――江森國友
あとがき

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索