簪 武田麟太郎

f:id:bookface:20180829141204j:plainf:id:bookface:20180829141206j:plain

 1940年3月、新潮社から刊行された武田麟太郎の長編小説。装幀は岩田専太郎

 

目次

  • その朝 
  • 老けた身體と心 
  • 餘裕の惡 
  • わざはひの日 
  • 困惑した姉 
  • 歪む性格 
  • 晦日の前 
  • 骨髓炎と手紙 
  • 手術の結果 
  • 女の影 
  • 怖しい紙幣束 
  • 墮ちる 
  • 學校への道 
  • すみ子 
  • すみ子(つづき) 
  • 花曇り 
  • その女 
  • その女(つづき) 
  • 雨の夜 
  • 歸らない夫 
  • 田無の町 
  • 夫婦 
  • 三面記事 
  • 店を開く日 
  • 遺書と惡徳新聞 
  • 姉とその夫 
  • 再發の怖れ 
  • 少年の心 
  • 路上 
  • 産期近づく 
  • 失戀した男 
  • 美少女のこと 
  • 去つた跡 
  • 防空演習の夜 
  • 夜から朝


NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索