2021-10-17から1日間の記事一覧

衣装 角田清文詩集

1963年10月、思潮社から刊行された角田清文の第2詩集。画像は裸本。現代詩人双書第7冊。 目次 Ⅰ 歌の衣装 暦のうえの死 みささぎ 色狂い ゲッセマネの夜 砦と高楼 長崎の港の岸 荒唐のなさけ 藤の花ぶさ 反モンタージュの雨 転調 Decorative Windows Ⅱ 句の…

星の火事 上手宰詩集

1979年2月、版木舎から刊行された上手宰(1948~)の第2詩集。装幀は百瀬邦孝。著者は神楽坂生まれ、刊行時の住所は千葉市花見川。 字が書けるだけで尊敬される時代があった。そんな時代に生まれていたら、私は字を書くことも読むこともできない人間のひとり…

林喜芳詩集

1986年11月、摩耶出版社から刊行された林喜芳(はやしきよし)の詩集。編者は松尾茂夫。刊行時の住所は神戸市兵庫区馬場町。 林喜芳さんの第一詩集『露天商人の歌』は一九五八年私家版百部の発行である。ごく限られた範囲の詩友や知己に配られたようだが、当…