存在 高野喜久雄詩集

f:id:bookface:20170416232231j:plain

荒地同人の高野喜久雄(1927~2006)の第二詩集。1961年、思潮社発行。解説は鮎川信夫

 

 ゆくりなくも一つの言葉がうかぶ。
 詩は存在の追憶である。
 大切なのは、詩と存在と追憶が、一つの脈絡の中にあることである。「存在は追憶の詩である」でも「追憶は詩の存在である」でもよい。それら三つのものが、一つの脈絡の中にありさえすれば……
 高野喜久雄の詩の世界ができ上るのである。
 それはきわめて透明な世界であつて、曖昧なものは存在しない。慰戯的なものも、雑談的なものも存在しない。
 それだけに、語りにくい、説明しにくい詩である。語ることも、説明することも必要でない詩と言つたほうがいいかもしれない。黙つて読み、黙つて共感するだけで、充分なのである。

鮎川信夫「解説」より)

 

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索