このブログについて

 

f:id:bookface:20170909100050j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

秘やかな朝 山崎佳代子詩集

f:id:bookface:20171019212722j:plain

 2004年9月、書肆山田から刊行された山崎佳代子(1956~)の第4詩集。装画はヴラディミル・ドゥニッチ。

 

 作品は、七十九日間続いたNATO軍によるユーゴスラビア空爆が停止した、あの一九九九年の夏から、二〇〇三年の秋にかけて、ベオグラードでうまれた。(「制作記録」より)

 

目次

  • 罪なきものたち

ARBOS

  • ARBOS
  • 水際にて
  • たとえば水についてわたしはあなたに語りたかった
  • 十一月、遅すぎた雨がおとずれ…
  • 水紋
  • 情景B
  • 思いがけない海
  • はじめての朝
  • ペルシャ
  • あたたかな家
  • 眠るおくりもの
  • いざない
  • 蒼穹
  • 舟のある情景
  • HEKATE、夏の終わり
  • 夏の家
  • ORBONA、昇天
  • 夢あるいは記憶
  • 僕がいちばんすきな情景
  • 魚、あるいは井戸のある庭
  • さいごのおくりもの
  • 苦い草
  • 冬の家
  • 警告
  • 終着駅B

遠い水の物語

  • そして、言葉はからだになった
  • 茶色のおとぎばなし
  • 物語はここからはじまり
  • うたのゆくさき
  • 黒テントにとどけられた冬の図
  • 唄は村祭りを遠ざかり
  • 木橋はここで途絶え
  • 廃船とドラム缶のある冬の情景

あどけない帰郷

  • 厳冬を軍艦は出てゆき
  • 三月の岸に棄てられたものに
  • 瑠璃の池
  • あどけない帰郷
  • 戒厳令、ちぎられた風景
  • あまりにも機械的な出帆
  • 大きな松のかたわらにバスをとめ
  • あたたかい秋はここで終わり

産立ち

  • 産立ち
  • 水はしずかに
  • 夏、ひそやかな
  • 残照B

舟もなく

  • うたはそこに記され
  • 一の瀬川の伝説
  • 水婚
  • 小石、ことり、こどものいた
  • 壁、太陽とこどものある情景


NDLで検索
Amazonで検索

明るみへ 廣津和郎

f:id:bookface:20171019212037j:plain

 1919(大正8)年7月、新潮社から刊行された廣津和郎(1891~1968)の第4著作集。画像は函欠。

 

目次

  • やもり
  • 静かな春
  • 波の上
  • 五月
  • 横田の恋
  • ある馬の話
  • 朝と夜
  • 死児を抱いて

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

朝の霧 松田解子

f:id:bookface:20171019211755j:plainf:id:bookface:20171019211803j:plain

 1932年9月、古明地書店から刊行された松田解子(1905~2004)の短編小説集。

 

目次

  • 朝の霧
  • つつましき希ひ
  • 小さな鏡
  • 小枝と鐵藏
  • 寫された戀
  • 默祷
  • 伴侶
  • ―女三代―
  • 笑窪
  • 伊澤先生
  • 星空

 

NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

 

美しき地圖 火野葦平

f:id:bookface:20171019211349j:plainf:id:bookface:20171019211358j:plainf:id:bookface:20171019211406j:plain

 1941年8月、改造社から刊行された火野葦平(1907~1960)の長編小説。装幀は中川一政(1893~1991)、カットは青柳喜兵衛(1904~1938)。

 


NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

裾野 土田耕平

f:id:bookface:20171019210848j:plainf:id:bookface:20171019210857j:plain

 1936(昭和11)年4月、古今書院から刊行された土田耕平(1895~1940)の童話集。

 

目次

  • 象と旅人
  • 山婆の唄
  • 年の長者
  • 水女
  • ある豺の話
  • 雪の夜噺
  • 牝獅子と豺の子
  • 伯爵の息子
  • アイヌの神様
  • 幼子の言葉
  • 岩と栗の木問答
  • 易者の子
  • ははき木物語
  • 狐の渡
  • 落柿舎
  • 棧の句
  • 加古の跡


NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

詩魔に憑かれて―犀星の甥・小畠貞一の生涯と作品 森勲夫

f:id:bookface:20171018225254j:plain

 2010年10月、橋本確文堂から刊行された森勲夫(1939~)による室生犀星の年上の甥、小畠貞一(1881~1942)の評伝。

 

 詩人小畠貞一(こばたけていいち)本名悌一は、室生犀星の甥(犀星の異母兄小畠生種の長男で、犀星より一歳年上)として知られ、大正期以降「日本詩人」などの詩誌に作品を発表したが、その初の作品集は満四十四歳になって上梓した詩集『初餐四十四』(昭7・4)であった。
 萩原朔太郎はこの詩集の「序」で、貞一の詩境には「閑寂の中にも風雅を楽しみ、人生の物佗しさを嘆(かこ)つやうな、東洋的静観の或る心境」が感じられると述べている。この評言は詩集の特色をよく表しているが、貞一白身は「後記」で、「厭世的」になることもあった若き日を回顧し、四十四歳の心境を「われ不惑に及んで尚は詩魔に憑かれ、人生蹉跌の悲事多し」と記している。
 また、詩集回頭には「半生」と題して「ひねもす/魚ほつれず/日ぐれごろ/手長えびひとっかかりぬ。」という短詩が置かれているが、この控えめな表現からは、それまで自身の「半生」について多くを語らなかった、貞一の謙虚な性情も読み取れる。
 貞一は出身校の記録をはじめ、自らの履歴に関するものをほとんど残そうとしなかったという、また、折々の思考や心情を語ったような随筆類も少ない。その中で、直截に思いを吐露しているのは、作品集の「後記」である。
 貞一の第二の作品集は、没後に刊行された詩句集『山海詩抄』(昭18・1)である。死の直前に記した「後記」でも、貞一は詩作を「棘の路の隠れ家」であったとして、「この終生で、ただ一つでもよいから佳い詩句を遺して死にたいと念じてゐる」と言う。また、「跋」を寄せた犀星は、「小畠君の才能」には「出かかつてゐながら出きらないものがある」と言って、「文学の畑」」筋に生きることのできなかった貞一を惜しんでいる。「詩魔に憑かれ」、「棘の路」を歩んだという貞一の生涯と詩作の跡をたどってみたい、それはまた、互いのよき理解者であった貞一と犀星の交友について認識を深める機会になるのではないかという思いが、本書執筆の動機となった。
(「はじめに」より)

 

目次

はじめに

  • 小畠生種の富山県在勤時代
  • 小畠貞一の生涯と作品―互いの理解者室生犀星との交友
  •  一  生い立ちについて
  •  二  犀星との出会い
  •  三  「狂庵」から「六角堂」ヘ
  •  四  「詩人貞一」の誕生
  •  五  犀星を追って
  •  六  それぞれの結婚
  •  七  中央詩壇へ
  •  八  犀星との親交
  •  九  荊棘の路
  •  十  『初餐四十四』
  •  十一 貞一の死と犀星
  •  十二 『山海詩抄』
  • 小畠貞一の見た若き日の犀星
  • 室生犀星の描いた貞一像――貞一をモデルにした作中人物

小畠貞一の作品発表誌紙
小畠貞一 略年譜
小畠貞一の詩 五〇選

あとがき


NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索