このブログについて

 

f:id:bookface:20170909100050j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも墓石化している古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

詩を読む喜び 北村太郎

f:id:bookface:20180513010938j:plain

 1978年4月、小沢書店から刊行された北村太郎の評論集。

 

 この本には、一九七六年十二月から一年間、共同通信社の依頼で書いた詩の月評を中心にして、主として現代詩を読む喜びをつづった文章を収めた(ⅠとⅡには、詩とは直接関係のない雑文も入っている)。これらの文章が、そのような「喜び」を、うまくひとに伝えられるか疑わしいが、ごく少しでも読者に分かちあっていただけたら、ありがたいと思う。
 収録した文章でいちばん古いのは、清水昶君の詩集『朝の道』の書評と、「国語表記についての矛盾的感想」で、ともに一九七一年に書いた。後者は、もともと筑摩書房鮎川信夫に依頼したものを、鮎川が「おれ、国語問題なんか、いやだ。きみ、書いてくれよ」と、こっちに回してきたものだった。わたくしだっていやだったが、いま読み返してみると、職場感覚みたいなものが出ていて、そぞろ昔がなつかしくなる。
(「あとがき」より)


目次

 

夢十昼

  • 『荒地』と現代
  • 世相雑感――理性について
  • マスコミの用語規制――差別語問題
  • 国語表記についての矛盾的感想

  • 自己への固執――石原吉郎『禮節』
  • 「ゆ」のおかしみ――『石原吉郎句集』
  • 海の冷酷とやさしさと――衣更着信『庚申その他の詩』
  • 「思いのたけ」を十分に――飯島耕一『海への時間』
  • みんな面白いが二篇をとりたい――岩田宏『社長の不在』
  • わけ知りの人――大岡信『狩月記』
  • 『若草』、『月下の一群』の思い出――堀口大學『水かがみ』
  • すばらしい言語感覚――清水哲男『野に、球。』
  • 宿命のように暗く――清水昶『朝の道』
  • 「橋と風景」はいい詩だ――高橋秀一郎『鬼灯が……』
  • 詩を読む喜び――一九七七年の詩

  • 自発するもののない詩
  • 詩の生誕――自分の詩一篇
  • イメージの喚起作業――連句もどきの詩を作って
  • 一つのことば――「水」
  • ことばと詩

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

ぼくの女性詩人ノート 北村太郎

f:id:bookface:20180513004627j:plain

 1984年11月、大和書房から刊行された北村太郎の詩人論。装画は北村紀子、装幀は菊地信義


目次

 おそろしさとは
 ゐることかしら
 ゐないことかしら

 夫婦というものの
 ああ、何と顔をそむけたくなるうとましさ

 わたしが一番きれいだったとき
 街々はがらがら崩れていって

 けれども喉がからからな夜
 たまらなくてむすこは青い月をかじったのでした

 俺 は生きてても
 俺 のあれは あれじゃない
 冷えてしまったままだ

 あんた
 あたしのオシッコするとこみてよ
 ぼんやりしないで
 ついでにあたしの足を洗ってよ

  • 牟礼慶子

 天は高いところへ
 ひばりの秘密をのぞきに行って
 そのままおりてこない

 あたしが飼ってた大きめのマルチーズ
 そのかわいさ
 そのかわいそさ

 私はあなたへと白く光を発し
 溺れていくのを見守っている
 身をのせて
 しずめてあげることもできる

 愛は 水蜜桃からしたたり落ちる甘い雫
 愛は 河岸の倉庫の火事 爆発する火薬 直立する炎

 死んだひばりをさわってみた
 それから
 アルフレードの肩に さわった

  • 小柳玲子

 墓穴はできるだけ大きく掘りなさい
 夜が白っぽいうちに
 犬は死ぬと 急に大きくなるからね

 いや
 時間は食物ではなく
 排泄物からもしれないぞ

  • 垂水千賀子

 まがいのないものとして
 真打ちの自覚を胸に秘め
 ほんのり赤くなった頰は繊細にふるえながらも
 昂然とひかりかがやいている

  • 白石公子

 寝るたびに死ぬ練習して
 少しずつ完全にしていく
 あたしらの秩序

  • 松井啓子

 柵のむこうから
 「いつものように
 何か食べるものを 舌にください」

  • 青木はるみ

 魂などというものは
 あらわれてしまえばみの虫よりも貧相だ

 何ンにつけ 一応は
 絶望的観測をするのが癖です

 

おんな・詩・いま

あとがき
詩人別詩集リスト
詩人別詩索引

 


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

あかつき闇 北村太郎詩集

f:id:bookface:20180513002526j:plain

 1978年4月、河出書房新社から刊行された北村太郎の第6詩集。挿画は加藤清美、装幀は田辺輝男。「叢書・同時代の詩」7。

 

目次

  • ハーフ・アンド・ハーフ
  • 祈りたくて
  • さよなら、少年――一九三八年山梨県石割山登頂
  • 耳と目
  • 白き日曜
  • 椅子の横
  • 梅雨まで
  • パスカル
  • 知らない自分
  • ペンションの雨
  • 雨の腕
  • 一九七七年十月

あとがき――奈良への旅


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

笑いの成功 北村太郎詩集

f:id:bookface:20180513001506j:plain

 1985年11月、書肆山田から刊行された北村太郎の第12詩集。

 

目次

  • 拍手
  • 笑いの成功
  • 白いコーヒー
  • 小さい木椅子/二階の
  • クチナシ
  • 夢みる窓辺
  • 色の夏
  • 暗号
  • 夢の十五行をはさむ目ざめの詩
  • 人生の一日
  • 影へ
  • こちら側
  • 絵とき
  • 日録
  • 新年のための詩
  • 墓地の散歩者
  • 影戯
  • actual, factual
  • N森林公園の冬
  • 寒夜
  • 黒帝
  • 人工
  • 五月の朝

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

眠りの祈り 北村太郎詩集

f:id:bookface:20180513000633j:plain

 1976年4月、思潮社から刊行された北村太郎の第4詩集。版画は加藤清美、装幀は渋川育由。

 

目次

  • 騒騒
  • 五月闇
  • 一律背反
  • イン・メモリ・オヴ……
  • ブライング・ダッチマン 
  • 青い帽子 
  • 眠りの祈り
  • 悲しき夢 
  • 下りてくるハンマー
  • memento mori|
  • かげろふ抄 
  • 秋猫記 
  • 冬猫記
  • 十六行と六十行 
  • Casa blanca
  • 夏の果て


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

センチメンタルジャーニー ある詩人の生涯 北村太郎

f:id:bookface:20180512235643j:plain

 1993年9月、草思社から刊行された北村太郎の自伝。口述筆記は正津勉。カバー挿画は中林忠良。装幀は中島かほる。

 

目次

第一部

  • 1幼少年時
  • 2投稿時代
  • 3ルナ・クラブ参加
  • 4第二次大戦

第二部

あとがきにかえて――正津勉


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索