このブログについて

 

f:id:bookface:20170909100050j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

カナンまで 郷原宏詩集

f:id:bookface:20171204224657j:plain

 1976年7月、檸檬屋から刊行された郷原宏の第2詩集(画像は第二版第一刷)。第24回H氏賞受賞作品。

 

 この詩集は、「カナンまで」一篇を除き、第一詩集『執行猶予』(一九六六・思潮社刊)のあと、約八年間にわたって『長帽子』『詩学』『詩と批評』に発表した作品を、逆編年体に配列したものである。
 採録にあたっては、改稿の誘惑を排し、最少限の字句の修正にとどめた。
 この詩集が成立したのは、ひとえに荒川洋治氏の尽力のお陰である。

   一九七三年一一月 著者
(「少数の読者のための私註」より)

 

 この詩集は、一九七四年一月、ごく少数の読者のために、書肆檸檬屋から刊行され、まもなく第二十四回H氏賞を受けた。受賞と同時に、各方面から再版を奨められたが、賞を受けたから読んでみょうという読者には読ませたくない、と檸檬屋主人が言い、私もまた、その出版哲学に共鳴した。
 しかし、それから二年たったいまになっても、おまえの詩集を読みたいという奇特な人たちがおり、版元へも同様の照会が相次いだため、われわれは当初の方針を撤回することにした。というより、歳月が絶版の理由を失わしめたのである。ただし、われわれはなお少数の読者のための著者であり発行者である栄誉を手放したくなかったので、今回も必要最少限の(と思われる)部数におさえた。
 再版にあたり、作品を手直ししたい誘惑にかられたが、これらはすでに私だけのものではないと思い、あえて若干の字句の修正にとどめた。
 したがって、なかには現在の私の感受性になじまない作品もあるが、いまは黙ってそのひとり歩きを見守ってやるほかはない。
 私は自分の声がどこまで届きうるかということに、それほど大きな期待をもっているわけではないが、ただ私が他人の詩集を読むときのように、この詩集が読まれることを願っている。すなわち、耳鳴りのむこうにかすかな時のせせらぎを聞くような、そのせせらぎが三半器官をあふれて脳髄を水浸しにするような、そうした読まれ方をされたいと願っている。そしてもし何かが聞こえたら、それを私にも教えてほしい。そのためにのみ、私はこれらの詩を書いてきたのだから。
 今度もまた、すぐれた詩人にして編集者、荒川洋治氏のお世話になった。記して感謝の意を表したい。

   一九七六年四月 著者

(「第二版のための私註」より)

 

目次

  • 夏の終りに
  • 木洩れ日のなかで
  • 兵士の休暇
  • 土用波
  • いこい
  • 木婚
  • 井戸
  • 予兆のとき
  • 蝶のゆくえ
  • 遠景のなかで
  • 風のなかへ
  • 海または殺人者の擁護
  • 無言歌
  • 詩人が死んだとき
  • 乾いた夢
  • 森の唄
  • カナンまで

少数の読者のための私註
第二版のための私註

 

NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

眠り舞 藤本真理子詩集

f:id:bookface:20171204220451j:plain

 1984年7月、文童社から刊行された藤本真理子(1947~)の第1詩集。装本は倉本修。帯文は大野新。

 

目次

  • ある安息日
  • 白鳥の祈り・黒鳥の嘆き
  • フルーツ・ショップ
  • 不眠
  • 絃想
  • おののき
  • 乳母車
  • ひぐらし
  • 弾奏
  • 砂漠と花瓶
  • うた
  • 痛み
  • 夜陰の白薔薇
  • 噴水のある風景
  • 重たい夢
  • 間奏曲
  • 帰郷
  • 海の神話
  • 不在
  • 老いた綱渡り師の最後
  • 日常
  • 春の食卓
  • 死者たちの森
  • 蕭々と
  • 琴線
  • 水ぬるむころ
  • いさよい
  • 花の宴
  • みやこわすれ
  • 鹿の宿
  • 山陰(やまかげ)の町
  • 愛の夢
  • 昼下りのレッスン
  • 白烏
  • 春の日の木蓮の祈り


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

星の家 黒岩隆詩集

f:id:bookface:20171204215416j:plain

 1994年6月、思潮社から刊行された黒岩隆(1945~)の詩集。附録栞は粕谷栄市による解説。

 

 夜、ベランダから、近くの島の灯台の灯をぼんやり見ていると、その少しむこうで、赤い灯が点滅するのに気づいた。漁船の灯ではない。遠い入江の、どんな突堤の灯台だろうか。きっと、もう何年も、この家の窓にむかって光っていたのに。ただ眼をあけていても見えないものがある。

 ラジオでアフリカの人が、たどたどしい日本語で話している。
 ――私の村の人は、眼がとてもいいのです。遠くのものまで、歳とってもよく見えます。外は緑に溢れているし、家では暗くなると寝てしまうし、眼が弱くなる人はいないんです。だから眼鏡は要らないんです。でも、(口ごもり)見えない人がずいぶんいます。病気で、失明するんです。薬がないので――

 詩が、世界に、私の内と外に、見開かれた眼だとしたら、それは生のままの眼。見えるか、見えないか、どちらかしかない。眼が弱くなったら、さっさと眼を閉じるしかない。
(「あとがき」より)

 
目次

  • 星の家
  • 夕焼け
  • 桔梗
  • 返信
  • 北ホテル
  • 黄の娘
  • 夕顔亭
  • 遊星
  • 夏の月
  • 刺青
  • 旅人宿
  • 蟋蟀
  • 森へ
  • ロビンソンの島
  • 弓張月

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

旅情小曲抄 江頭彦造詩集

f:id:bookface:20171204214046j:plain

 1974年10月、山の樹社から刊行された江頭彦造(1913~1995)の第2詩集。

 

 ここにおさめている作品は、まえの詩集『早春』(雄鶏社 昭25・5)を出してからの、主として詩誌『山の樹』に、昭和四十一年四月以来掲載してきたものである。とくに、『旅びと』は『日本の長編詩』(宝文館 昭43・7)に掲載されたもの、「花瓶」は「詩学」(昭45・7)に、「仏足石を見て」は、関西の雑誌「健康」に発表したものである。
 大戦前後に、わたしは多くの心の友を失った。立原道造や沢西健はそのなかでも、もっともふかい心の喪失であった。その喪失をどのようにして埋めてゆくか、あるいは、新しい生の道を見いだしてゆくかが、わたしにとってもっとも大きな間題であり、その心の支えを得たいと努めた。これらの作品は、そのような心にうつった揺曳である。光をみ、美をみ、生命をみたと感じた刹那の映写である。わたしは、ここでこれらの旅の詩にひとつのくぎりをつけたい。そしてさらに新しい詩の方法をさぐってゆきたいと、いま思っている。(「あとがき」より)

 

目次

  • 旅人
  • 湖上
  • 冬の銀杏
  • 遊歩
  • 山中
  • 仏足石を見て
  • 紅欄
  • 楼上
  • 花瓶
  • 北の海
  • 海風
  • 五月空
  • 野の仏
  • 春の朝
  • 戸隠
  • ひるそば
  • 林のほうへ
  • アオサギの森
  • 白砂
  • 慴伏
  • 永日
  • 方法
  • 箭のように
  • 駒をどり
  • 石神像のかげに
  • 朝あけ
  • 山鳩に…
  • れまん湖
  • 霜空
  • 鳥と歩いて
  • 夜の曲

あとがき

 

日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

Orange 中島悦子詩集

f:id:bookface:20171129214812j:plain

 1990年10月、土曜美術社から刊行された中島悦子(1961~)の第1詩集。装幀は居鳥春生。附録栞は広部英一「夢の成熟」。

 

 私にとってOrange色は、明るく鮮やかでありながら、どこか危機感のある太古の生命を宿したような象徴的な色です。自らの生と死とを思う位置は、絶えず幽かにおののいているのではないでしょうか。表題となった作品も、マニキュアを塗った爪が鳥の嘴になる夢を見るという恋の震撼をうたっています。そのため、拙集上梓の際は、果実を連想されないようにと願ったこともありました。
 げれども、十代半ばより詩を思ってきて、これが一つの果実に喩えられたとしても自然な気がします。正直には、今、こうして掌にのっている果実は貧しい。たよりない重さをそのまま受け止めています。ふり返ると、私は、まだ自の覚めるようなみずみずしい果実を食べたことがなかったといえるかもしれません。
 再び、危うい綱わたりのはじまりです。暗示に満ちた果実の色を胸に秘めて。
(「あとがき」より)

 

目次

  • かんのんごっこ
  • しめじ
  • まぶた
  • 恋文
  • かへりごと
  • 冬日
  • 満ちる月

  • ことば進化論
  • 茶毗
  • 葉鶏頭
  • よい・あさ
  • 通勤快速
  • 供述
  • 旨紋
  • 未来
  • Orange

  • 無心の標本
  • 九頭竜
  • アルゴンの午睡
  • 他人の歯
  • 水仙
  • いのり
  • 砂夜曲

あとがき

 


NDLで検索する
Amazonで検索する
日本の古本屋で検索する
ヤフオクで検索する

切りぬき帖 あの詩あの人五十年 竹内多三郎

f:id:bookface:20171129213801j:plain

 1980年2月、京浜詩の会から刊行された竹内多三郎(1905~?)の随筆集。表紙画は鈴木保徳、扉画は風間光作。

 

目次

賦(奇友) 風間光作
あとがき

 

関連リンク

漉林書房通信 田川紀久雄日記


NDLで検索する
Amazonで検索する
日本の古本屋で検索する
ヤフオクで検索する