このブログについて

bookface=本の顔=書影。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。

小航海26 小長谷清美詩集

f:id:bookface:20170627224909j:plain


 1977年4月れんが書房新社から刊行された小長谷清美の第2詩集。第27回H氏賞受賞。ブックデザインは大野健一、イラストは阿部隆夫。

目次

  • 小航海時代
  • 指はイモ虫
  • 舌で詩を
  • スイートロケット
  • 蟻八百匹
  • 船泡声
  • 小人たちの声がする
  • 笑う床
  • 隣人ともう一匹
  • わがウサギわがバッタ
  • おことわり
  • 返事なし
  • 不毛ねずみに
  • 水が少量
  • 長い沈黙
  • ターザンとわたし
  • シャツ探し
  • 指のあいだを
  • ハゲタカとわたし
  • ベッドに帰る
  • みんなで緊張
  • おやすみなさい
  • 痛みが去るまで
  • メタモルフォーゼ
  • 尿意をこらえて
  • ああだこうだといいつづけて

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索

日々涙滴 鈴木志郎康詩集

f:id:bookface:20170627224549j:plain



 1977年6月、河出書房新社から刊行された鈴木志郎康の第9詩集。「文藝」に1976年1月号から12月号までの連載をまとめたもの。装画は上野紀子、装幀は田辺輝男。

目次

  • 投身の思い
  • 大雨の朝の出勤
  • 立って目をつぶっている人
  • 黒瓦の屋根
  • 白菜の思い出
  • ゼンマイの猫を放す
  • 話題を切る
  • 見ていて見えなかった
  • 生きている豚
  • 夜中の枯草
  • 冬の休日
  • 三つが一つ
  • 濡れたタオル
  • 玩具のカエル
  • 午前
  • スト集會
  • 鬱鬱たる
  • 湯に沈む
  • 私は餓死しない
  • 田植え
  • 梅雨の夜に想う
  • バスの中で自分の殺意に驚いて想う
  • 肉屋の前に坐る
  • 踏切りに立つ
  • 思いを乗せる
  • 夜の転勤に想う
  • 私は和さない
  • 夜中に牛乳を飲ませる

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

ウバラという地名 木内寛子詩集

f:id:bookface:20170627223552j:plain

2000年7月、紫陽社から刊行された木内寛子の第1詩集。

目次

  • 沈丁花
  • 白梅
  • 椿
  • 椿
  • バラ
  • 紫陽花
  • 樹の桜
  • 梅の実
  • 白木蓮
  • 湖畔の
  • 風景
  • 風の道
  • 夕暮れ
  • あれば
  • 麦藁蜻蛉
  • 虫の音
  • 化石の貝
  • 更地
  • 流星
  • 私 は

日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

くたくたクッキー 小長谷清美詩集

f:id:bookface:20170627224013j:plain

1986年1月 思潮社から刊行された小長谷清美の第6詩集。カバー装画は元永定正

目次

1 くたくたクッキー、他四篇

  • くたくたクッキー
  • キノコや、あわれ
  • ねむれ、イモムシ
  • 夢のゆく末
  • カッコーの迷路

2 気のふれた樹、他四篇

  • 気のふれた樹
  • 週末の夜の過ごし方
  • 帰還
  • 観察ごっこ
  • 謎なぞ

3 おしゃぶり、歯がため、他四篇

  • おしゃぶり、歯がため
  • 回路一巡
  • わが町
  • 落ち行く先は
  • 箱、三態

4 陸橋に立つひと、他三篇

  • 陸橋に立つひと
  • 自転車を押すひと
  • 声だけがあるひと
  • 待っているひと、ひと

5 声をかぎりに、他五篇

  • 声をかぎりに
  • 生の臭い
  • 発芽の周辺
  • 生の断面
  • さて、本日
  • わがグラフィティ

NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

たくさんの窓から手を振る  中村梨々詩集

f:id:bookface:20170627223657j:plain

 2012年4月、ふらんす堂から刊行された中村梨々の第2詩集。栞は川口晴美

目次

  • ロシア
  • 指先より先にあなたにたどり着くために
  • そんな簡単なことじゃないし、そんな複雑でもない
  • 春先に
  • 天気予報
  • 春雷
  • 夏の日
  • はちみつとはちみつでないものをつなぐ
  • 海のつづき
  • 夜、鳥を飛ばす
  • 夜の背
  • クリームパスタの夜明け
  • 残響
  • 二〇一一秋から

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

あたらしい手の種族 詩論1990-96 瀬尾育生評論集

f:id:bookface:20170627221953j:plain

1996年4月、五柳書院から発行された瀬尾育生の第3評論集。

 

目次

森の匂い、虫への連帯
戸口の外で/蝿の苦しみ/森の匂い、虫への連帯/死後について

  • 猫背の寺山修司
  • 価値ある人生 北村太郎小論
  • 海の変化、最後の思想詩 鮎川信夫の「死後」
  • 中間にこのままでいること 八〇年代の荒川洋治
  • 「通じない言葉」のために 詩時評1992


NDLで検索
Amazonで検索