このブログについて

 

f:id:bookface:20170909100050j:plain

bookface=本の顔=表紙=書影=装幀=装丁=装釘=装本=装画。所有している本や新たに購入した本の備忘録。新刊本よりも墓石化している古書が多い。感想文を書くことがあるかもしれないが、基本的には表紙(裸本の場合は扉)と目次と書誌情報。第○詩集という記述には不正確なものもある。

紙の刃 菊池敏子詩集

f:id:bookface:20180712171954j:plain

 1983年9月、紫陽社から刊行された菊池敏子(1936~)の第3詩集。第8回現代詩女流賞受賞、第34回H氏賞候補作品。


目次

  • 春の魚
  • 藍を買う
  • アイスキャンデー
  • 柿をほめる
  • 秋の酒
  • 飾り包丁
  • 自然薯の唄
  • でっかい唄。
  • 夕餉
  • 鮟鱇のうた
  • 今日の買物

  • 紙の刃
  • 夜半の音
  • へや
  • LOVE
  • 咲き交す
  • れんげ
  • 六月のファーブル
  • ぶらんこ
  • 海は

  • 隠し抽斗
  • あまりきちんと
  • 選手たち
  • 流れ弾
  • 節句
  • 告げる
  • 七七日
  • 結び目
  • けりがつく


NDLで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

文字の憂愁 後恵子詩集

f:id:bookface:20180711141803j:plain

 2005年10月、編集工房ノアから刊行された後恵子(1945~)の第2詩集。表紙画は上嶋恵津子。

目次

  • ラウンジのピアノ曲
  • バラが散った
  • 血ぬられた歴史
  • アイルランド風景
  • 文字の憂愁
  • トルコ紀行
  • 死海
  • 人間思考の複雑さ
  • もつれた思い

  • 途切れた知識
  • 希望さがし
  • 不協和音の闇
  • 手術日
  • 入院時間
  • 病室
  • 広島の記憶
  • 勇気をもらいました
  • 崩れゆく骸
  • 夢と現実
  • 雨の戦い
  • 晩秋
  • 携帯電話はお守り
  • 東海道五十三次
  • 虚無空間
  • 秒速の世界
  • 光と闇
  • 風の絵画
  • 海の想い

  • 一九九五年一月十七日阪神淡路大震災の記録
  • 二〇〇三年の夏、地球は狂った
  • 二十一世紀のはじめ

あとがき

 

Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

官能検査室 岬多可子詩集

f:id:bookface:20180711141037j:plain

 1991年6月、思潮社から刊行された岬多可子の第1詩集。付録栞は高橋順子「未知の海へ」。第7回現代詩ラ・メール新人賞受賞作品。ラ・メール選書9。

目次

Ⅰ 立入禁止区域

  • 休み時間
  • 三時間目
  • 放課後
  • 三学期
  • 始まり
  • 連係
  • 研究棟
  • 立入禁止区域
  • 境界がにじむ

Ⅱこよみ

  • 回復
  • こよみ
  • GREENHOUSE
  • SCENE
  • 予感
  • 未明
  • 夜の果実
  • ここから

Ⅲ 夏を継ぐ

  • 春の祭り
  • 白色の雑音
  • 夏を継ぐ
  • review
  • れもん
  • rotation


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

 

女神の痣 若狹麻都佳詩集

f:id:bookface:20180711141457j:plain

 2006年4月、思潮社から刊行された若狹麻都佳の第3詩集。写真は新良太。秋田現代詩人賞受賞作品。


目次

  • あまらしき――Metamorphose
  • 半身
  • 星誕祭
  • 生誕祭
  • 蛇祭
  • 遠い夢のような、いま
  • Blue wind――蒼い幻
  • 墓に咲く花――Che★Guevara

  • 失くしたくないものは失くし尽くした
  • 青の名前
  • シェスタの傷痕――Strange grass
  • 手の花
  • 月の巡礼
  • 冥い光
  • 女神の痣

あとがきにかえて


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索

海の日 山本純子詩集

f:id:bookface:20180711140908j:plain

 2007年8月、花神社から刊行された山本純子の第3詩集。装画はルイコ。

目次

  • 満月
  • あんぱん考
  • 観察日記
  • 手をつないで
  • 対湖楼
  • どこかへ
  • 六月
  • 男の子が三人
  • 少年
  • 竹林を歩くと
  • 海の日
  • 海の日
  • 海の日
  • いざ
  • 風下に
  • 落書き
  • このごろ
  • 葉書
  • 電車の窓から
  • そのうち
  • 風景
  • 大徳寺あたり
  • 大徳寺あたり
  • 枯山水
  • 心抱いて ――京都市立洛友中学校校歌

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索


光の果て 渡辺めぐみ詩集

f:id:bookface:20180711140655j:plain

 2006年4月、思潮社から刊行された渡辺めぐみ(1965~)の第2詩集。萩原朔太郎生誕120年記念前橋文学館賞受賞作品。

目次

  • 待望
  • 源泉
  • 雪満ちる
  • 禁令
  • 気道
  • 序章
  • ヒルロイド
  • 夜行
  • 印象のない湖
  • 夜景
  • 邂逅
  • 順化
  • 透過率
  • 道標
  • 国道
  • 聖歌
  • 半開
  • 植樹祭
  • 追慕
  • 盛夏
  • 翼のないものたちに
  • 試み
  • 生誕節
  • 賊子
  • グリーン グリーン
  • ミカエルなんていませんわ
  • オカリナ
  • 半旗
  • アイゼン
  • 生を舞う
  • 神々は眠る。
  • 降下
  • 水無月をはなれる


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索