祈の塔 河野進詩集

f:id:bookface:20190528203301j:plain

 1949年9月、河野醫院から刊行された河野進(1904~1990)の第4詩集。『十字架を建てる』『病床の祝祭』『母に捧げむ』からの抜粋を含む。

 

目次

序 光田建輔
序 賀川豊彦

Ⅰ 祈

  • 祈の塔
  • 朝と夕
  • 天國
  • 傍受
  • 開かれた門
  • まだ祈が
  • 神の刑罸
  • 大それた願望
  • 證據
  • 死と祈
  • 寶座に近く
  • 徒勞
  • おやすみ下さい
  • 陽と香
  • 天國へ行つて
  • 謙遜
  • 洗禮
  • 文字
  • 天國には
  • 最大の竒跡
  • 廢墟
  • 殺人者
  • 同律
  • つながれば
  • 正直にいつて
  • 兄弟
  • 心の平和
  • 失望なき祈
  • 祈祷會の司會者
  • 祈祷會にて
  • 昨日も今日も

Ⅱ病床の花束

  • 病床にて
  • カリエス
  • 恩寵を見る
  • 病みても
  • 異變なし
  • 足らざるなし
  • 天使
  • 病氣の祈
  • 寬容
  • 病み人ならじ
  • 榮光のためならば
  • 返禮
  • 裏切り
  • 豫告
  • 旅人
  • 旅愁
  • 恩寵無限
  • 今宵の祈
  • 竒跡
  • 幾日經たるか
  • 數えがたし
  • 病まなければ
  • 病友
  • 病床の訪客
  • 神の病

Ⅲ 童幼譜

  • 步み初め
  • たづねる
  • お餠のような
  • 天國の饗宴
  • 抗議
  • さいそく
  • こだま
  • 誕生日
  • 美知
  • 主よ信ず
  • 小さい訪客
  • 忘れよ忘れよ
  • 食前の感謝
  • 先生と猫の毛
  • 汽車
  • 來客
  • 案内人
  • 嬰兒の手
  • 遍路と案山子
  • 寢顏
  • けんか
  • 悔い
  • 梨の芯
  • けが
  • 同行二人

iiii 恩寵無限

  • 嘉信
  • 手袋
  • アシシのフランシス
  • ジャンジャック・ルウソォ
  • ジョン・ラスキン
  • ウイテンさん
  • デンマークの農家
  • あがない
  • 御心をなさせ給え
  • こだま
  • 朝のあいさつ
  • 最大の恩寵
  • 天かける
  • あいさつ
  • 降誕節
  • むくい
  • 足跡
  • 負つてみると
  • 嵐の前
  • 道に他ならず
  • 基督者の責任
  • 悔改を
  • 信號
  • 輝かしい報告
  • 足を踏まれて
  • 同じく
  • 雪の道
  • 義務と使命
  • 挽歌

Ⅴ 母を讚ふ

  • 母と雜草
  • 母の名
  • ふるさと
  • 夜出で立つと
  • いつにでも
  • 勝たなければ
  • われのみぞ知る
  • 母の懷
  • 歸省
  • ほころび
  • あざむく
  • 神の如き
  • われ母に
  • 有難きかな
  • 好物
  • 母子一躰
  • 同行
  • 私は知つている
  • 有難きに
  • 日夲一
  • 路の燈火
  • 早朝
  • 憇ませ
  • 永遠の幼兒
  • 聖き家族
  • 西鄕隆盛
  • 闇夜をゆく
  • 穉魚
  • 呼び聲
  • 二つの心
  • 默つている手

Ⅵ 救癩使徒行傳 林文雄博士断章



日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索