昼顔 吉原幸子詩集

f:id:bookface:20170710222059j:plain

 1973年4月、サンリオ出版から刊行された吉原幸子(1932~2002)の第4詩集。

 これは前詩集「オンディーヌ」のあと、五年にわたる作品の一部である。
 この時期、私は変った。かつて「詩は排泄だ」とうそぶいてゐた私も、やっと世界をそのまま呑み下し、完全消化することを覚えた。私の胃が健康になったのか、それとも食べすぎなくなったのか。――徐々に、ことばは私から遠ざかりつつある。私はそれを悲しんでゐない。(「NOTE」より)

 

目次

Ⅰ――'67~'70

  • 復活
  • 独房
  • 凶器
  • 吐かせて
  • 通過Ⅰ
  • 通過Ⅱ
  • 通過Ⅲ
  • 通過Ⅳ
  • 通過Ⅴ
  • 通過Ⅵ

Ⅱ――'70~'72

  • ある夜
  • 告白が
  • 距離
  • 誕生
  • ……
  • 液体Ⅰ~Ⅲ
  • 共犯
  • 非力

Ⅲ――'67~'72

 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索