猫談義 崔華国詩集

f:id:bookface:20190516181345j:plain

 1984年9月、花神社から刊行された崔華国(1915~1997)の第2詩集。装幀は林立人。第35回H氏賞受賞作品。

 

 日本語での第一詩集、『驢馬の鼻唄』(詩学社)以降四年間に、「詩学」の他、同人誌「四海」「風」「西毛文学」「東国」等に寄せた作品をまとめたのがこの集である。
 四半世紀を越える歳月を、高崎にて茶房<あすなろ>を営み、その間、多くの美を愛する人士の知遇を得られたのは、こよなき幸せであった。芸術を愛する心に隔はない。
 私の国に「堂狗風月」という格言がある。儒生が学ぶ書堂の狗(いぬ)は、三年もすれば風月を詠むという諷刺である。私が一匹の粋な堂狗たり得たかどうか、不安が先に立つ。
 韓国語の詩集『輪廻の江』を、ソウルで上梓したのが、一九七八年、馬齢を重ねて来年は古希、華やいだ弾む心で、いつまでも愛の言葉を紡いでみたい。
(「あとがき」より)

 

目次

 

  • ポプラ頌
  • 昆虫記
  • 猫談義
  • メイド・イン考
  • 相似性
  • 舞い
  • 愁訴
  • 夜半の客
  • 高校野球を十倍愉しく見る方法
  • バカンス
  • シリコーンの指
  • 同人善哉
  • 帰心
  • 金素雲
  • 偶成二篇
  • 李朝二題
  • 襤褸還郷
  • 晩秋の旅
  • 亜米利加駆け歩記
  • エア・メール
  • からっぽの都
  • 十字軍
  • バラと時間
  • 好好
  • 歳月

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索