夕焼が落ちてこようと 堀内幸枝詩集

f:id:bookface:20180414220453j:plain

 1964年9月、昭森社から刊行された堀内幸枝の第4詩集。挿画は堀文子。

 

 詩書を開くと、すぐ目につく「プロセス・メタフォア・デフォルメ」など、など、それ等知的分析を拒み、それ等の方法論からのがれて、たえず不可解な剰余を残して私の中にくすぶりつづけているもの私はこれをわが私小説的感情などと呼び、また一方優秀な詩論の前にたえず戸惑い、一種の恥辱感をもって身を隠そうとする、きわめて主情的なこの剰余の感情に対して、私は生きた廃墟と呼んでみるが、あたかも不治の病をかかえた患者のように、自分自身の中にひそむ、詩の網にもとらえがたい部分を、無視し、忘れ去ろうとしてみても、生きた廃墟はいつかめざめて、その血の濃さを私に思い知らそうとする。
 この限定しようとする意志と、限定されざるものとの相剋、常に分析的表現から逃げまどって2+2が6になったり8になる、どこかこつけいなしかし旺盛なこの感情のために、私は一冊の詩集をあんでみました。
(「あとがき」より)


目次

  • 花と風景
  • あなたとわたし
  • サルビア
  • 夕焼が私の上に落ちてこようと
  • 曇天
  • また次の恋人に
  • 再び赤いカンナをうたう
  • くさる
  • 白壁とカンナ
  • 或る風景
  • 花が一つ咲いている
  • ひなの日は
  • 病中夢想
  • 午後の窓
  • 森の中
  • 死んだ窓
  • 光線
  • ひびき
  • 困憊
  • 煙の馬
  • 地上
  • 動く木
  • 黙つて 黙つて
  • ふるさとの駅
  • 丘で
  • 雨の日の小景
  • 影、影
  • 月と変身
  • 鏡の奥のもの
  • えたいの知れぬ風景

     

  • 影と入れかわつた女
  • 真夏の夜の谷間

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索