苦海浄土――わが水俣病 石牟礼道子

f:id:bookface:20180711135210j:plain

 1969年1月、講談社から刊行された石牟礼道子のノンフィクション。写真は桑原史成、装幀は稲垣行一郎。第1回大宅壮一ノンフィクション賞辞退。

 

目次

  • 第一章 椿の海
  •  山中九平少年
  •  細川一博士報告書
  •  四十四号患者
  •  死旗
  • 第二章 不知火海沿岸漁民
  •  舟の墓場
  •  昭和三十四年十一月二日
  •  空へ泥を投げるとき
  • 第三章 ゆき女きき書
  •  五月
  •  もう一ぺん人間に
  • 第四章 天の魚
  •  九竜権現さま
  •  海石
  • 第五章 地の魚
  •  潮を吸う岬
  •  さまよいの旗
  •  草の親
  • 第六章 とんとん村
  •  春
  •  わが故郷と「会社」の歴史
  • 第七章 昭和四十三年
  •  水俣病対策市民会議
  •  いのちの契約書 
  •  てんのうへいかばんざい
  •  満ち潮

あとがき

資料・契約書(昭和三十四年)


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索