上林暁

御目の雫 上林暁

1959年12月、筑摩書房から刊行された上林暁(1902~1980)の第21著作集。 本集には、前集に収められた作品以来の作品五篇と、それと同時期の作品五篇とを収めた。作品は餘るほどあつたのに、纏めるのに骨が折れた。纏めようとすると、それぞれの作品が勝手な…

迷ひ子札  上林暁

1961年6月、筑摩書房から刊行された上林暁(1902~1980)の第22著作集。装幀は栃折久美子(1928~)。 私は明けて六十歳(數へ)である。輕かつたが、腦溢血で倒れてから十年目になる。倒れて間もなく、私は英國の巨匠レイノルヅが腦溢血に罹つてから十年の…

珍客名簿 上林暁

1955年4月、山田書店から刊行された上林暁(1902~1980)の第19著作集。装幀は鈴木信太郎(1895~1989)。 目次 珍客名簿 鉛筆の家 扁平魚 故舊 恐怖 三人姉妹 女勸誘員 薄明 書店宛の手紙 NDLで検索するAmazonで検索する日本の古本屋で検索するヤフオクで検…

姫鏡臺 上林暁

1953年10月、池田書店から刊行された上林暁(1902~1980)の第16著作集。装幀は鈴木信太郎(1895~1989)。 目次 ロマネスク 柳の葉よりも小さな街 姫鏡臺 魔の夜 楽しき晝食 鄙の長い路 緋文字 零落者の群 月魄 あとがき NDLで検索Amazonで検索日本の古本屋…