反国家 辻五郎詩集

f:id:bookface:20211116101922j:plain

 1980年8月、オリジン出版センターから刊行された辻五郎の第4詩集。カバーは香月泰男。著者は中国瀋陽市生まれ、刊行時の住所は町田市。

 

目次

Ⅰ まだ曲のないうた

  • まだ曲のないうた
  • こころよ
  • してうたを 
  • 知っている?
  • 夕闇の唄
  • 倒錯わたり
  • 死者たちと・あるいは詩法 
  • 今は悲しいだけ

Ⅱ まざあぐうす・もどき 

  • ひとつのたるに
  • 風が吹きゃ
  • なんにもなけりゃ
  • ないしょばなし
  • ねんねこ 
  • やせた男 
  • いびつな男 
  • 無口な十五年目
  • しりとり唄
  • いろはに
  • むかしばなし
  • むこうで 
  • わだつみ 
  • かりたす学院
  • 大学のえらい先生 
  • いぬはぼうぼう

Ⅲ 日常生活の困難と教訓 

  • 序として・日常生活との出会いの唄 
  • 朝の洗面所で
  • 新聞のための注 
  • 日の丸を掲げうるか
  • あなたもスパイになれる
  • 誰れが自警団員にならないか 
  • 入学試験場で
  • テレビの昼 
  • パチンコの唄 
  • 団地のなかで 
  • 実験室のネズミ 
  • 闇のなかの椅子に座り 
  • 引き続く否の唄

Ⅳ 反国家

  • 反国家・序 
  • 躓きの石 
  • 国家狂い
  • そして垂れる犯罪
  • きょうの日記

あとがき


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索