太陽の川 吉増剛造

f:id:bookface:20180916085145j:plain

 1988年6月、小沢書店から刊行された吉増剛造のエッセイ集。装幀は中西夏之菊地信義

 

目次

  • かつては幻であった都市のなかの
  • それをすみだ河といふ
  • どこかの裏町の角にある煙草屋の
  • 星をさがして裏町を
  • わが心宮の奥には一軒の古びた写真館がある
  • 窓、西の窓でも北窓でもよい
  • 数日前、通勤時の新宿駅構内
  • 窓口というのは不思議なものだ
  • 近頃悲しい一つの事故が
  • 路次でおもしろいのは北京ですよ
  • 週刊誌の広告をみると
  • 七時起床。透谷ノートを。
  • 阿佐ヶ谷の谷川さんの家へ
  • 風の吹き溜まりのやうなところへ
  • 牛久沼の雷魚
  • もしボクシングや相撲の
  • 浮き桟橋をとんでゆき
  • 多摩川の川辺で水遊びをしながら
  • ときおり福生の実家に帰るとき
  • 自覚的に詩を書きはじめたのは
  • 巨人伝説
  • ヒロちゃん
  • 昭和二十年
  • 霊魂のかたち
  • いまでも世田谷迷路という
  • 都市の余白を読むように
  • 雪のなかを旅してきた
  • 三陸沖に海上風警報が出ています
  • 不思議な「折口」
  • 恐山への道


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索