続・詩人のポケット ちょっと私的な詩人論 小笠原眞

f:id:bookface:20210222100756j:plain

 2020年2月、ふらんす堂から刊行された小笠原眞の評論集。装幀は君嶋真理子。

 

目次

  • 危ない綱渡りに挑み続ける中島悦子の世界
  • 常に死を覚悟した会田綱雄の詩
  • 悪魔祓いの詩人粕谷栄市の願い
  • 花鳥風月よりも「人」を愛したソネット詩人小山正孝
  • イノセントで誠実な詩人小柳玲子
  • 越境し、百年先を疾走し続けた詩人寺山修司
  • 暮尾淳の詩の底流には深い哀しみが横たわっている
  • 詩を愛し、旅を愛し、女性を愛し続けた詩人諏訪優
  • 金井雄二の詩の原石は平凡なる日常の中に在る
  • 愛情と尊敬の念それが詩人八木幹夫の基本理念だ
  • 鈴木志郎康は人間存在の不可思議を身体詩を介して具現したのだ


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索