エバの裔 塔和子詩集

f:id:bookface:20180914201043j:plain

 1973年6月、燎原社から刊行された塔和子の第3詩集。題字は村野四郎、装幀は渡辺隆。


目次

  • 貧婪な手
  • 痛み
  • 真夏の昼
  • 生存
  • エバの裔
  • 帰郷
  • 舞台
  • 回生
  • いつも見知らぬ手に
  • ひとつの包
  • 肉体
  • 挑発
  • 新しい世界
  • 慰撫
  • 飾り
  • 選ぶ
  • 球根
  • まぶた
  • 時間
  • 不眠
  • 合流
  • 地球
  • 海の顔
  • 立像
  • 癒し
  • ぬれているとき
  • 物体
  • もうひとりの私がいて
  • 若い客
  • 闇なる地球
  • ある姿勢
  • 不在
  • 九月の終り
  • 点である私
  • 姿
  • 疑惑
  • 夏の夜
  • 形のない木から
  • 衣服
  • 時の魔術
  • 純潔
  • 初夏
  • 午後

後記


NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索