忌臭祓い 奥村真詩集

f:id:bookface:20210217091625j:plain

 1982年5月、砂子屋書房から刊行された奥村真(1949~)の第1詩集。装幀は倉本修。付録栞は、佐々木幹郎「地下水のエネルギー」、内村剛介「若き詩人へのパステルナークの手紙」。刊行時の著者の住所は千葉市松波町。

 

 昨秋、同名の私家版を手書きで上梓し、以来ひとの勧めを待ってのち数篇を加え、かねてより面識のあった田村雅之さんの尽力を得てさまになった。
 内村剛介佐々木幹郎両氏の評に対し望外の喜びを記す、と同時にわたしの世界の多くのひとびとに感謝する。 あえてわがままを許して欲しい、と思っている。
(「跋」より)


目次

  • 忌臭祓い
  • 流民・再見
  • 山林伐採
  • 螢の通夜

■■

  • 集団登校
  • 極東無精
  • 浦島太郎の恋
  • 純粋持続の空
  • Like autumn (不埒な秋)
  • 靴の街角

■■■

  • 誰そ彼の地見屋
  • 格闘甲虫
  • キャリアウーマンアンナ
  • 産業社会
  • トショ (隅の老人)

■■■■

■■■■■

  • 彗星

 

関連リンク
倉本修のWeblog作品集
 

NDLで検索
Amazonで検索
日本の古本屋で検索
ヤフオクで検索